全国の借金相談窓口

富山県にある借金を相談できる公共機関

・富山県消費生活センター(消費者金融・多重債務相談)
富山市湊入船町6‐7  富山県民共生センター内   
TEL:076‐432‐9233(消費生活相談)
TEL:076‐433‐3252(消費者金融・多重債務相談)
相談時間/8:30~17:00(火曜日は20:00まで)
休日/土・日・祝祭日・年末年始

・富山県弁護士会(多重債務無料法律相談)
富山市長柄町3-4-1
受付電話番号:076-421-4811(平日 午前9時から午後5時30分)
相談時間:要予約 月曜日・火曜日・金曜日/午後1時30分から午後3時30分まで

・富山県司法書士会総合相談センター (無料電話相談)
富山市神通本町一丁目3番16号 エスポワール神通3階
電話番号:076-445-1577
相談受付時間:午前10時から正午まで、午後1時から午後4時まで(平日)

・富山県家庭問題相談センター
富山県富山市内幸町7-9 ラ・フォンテ401
0120-201-042
受付時間:9:00〜18:00
休業日:土・日・祝祭日

富山市

・富山市消費生活センター 多重債務相談
相談日:毎週水曜日 (祝日、年末年始、CiCビルの休館日を除く)
相談時間:午後1時から午後4時(予約優先)
相談場所:CiCビル3階 消費生活センター
受付電話番号:076-443-2047

法テラス

・法テラス富山(日本司法支援センター富山地方事務所) 無料法律相談
富山市長柄町3-4-1 富山県弁護士会館1F
受付電話番号:050-3383-5480(平日 午前9時から午後5時まで)
相談受付時間:事前電話予約制
午後4時から午後4時30分まで(月曜日から金曜日)
午後1時30分から午後4時30分まで(水曜日)


借金をすると申しますと、なにか暗い印象があるというのが実際のところですが、当然クルマやマイホームなど高額商品を買う時というのは、ローンで買いますよね。それとまったく変わるところがないと考えてください。
「世帯主の収入で申し込み完結」とか、専業主婦専用のカードローンというのがある銀行もあるのです。「専業主婦も歓迎します!」などと説明されていたら、大抵利用することができますね。
過半数のキャッシング業者というのは、丸々一日受け付け自体は行なっていますが、審査を行うのはそれぞれの業者の営業日・営業時間内であるということを念頭に置いておかないといけないと思います。
おまとめローンを頼みたいと言っても、キャッシュを借りるという部分では変わるところはないから、審査を通過しなければ何一つ変わらないということを頭に置いておくべきだと思います。
手のすいた時にキャッシングの申込みと手続関係を終わらせておき、実際に緊急時に活用するという具合に、困った時のために持っておくという利用者も相当数見受けられます。

銀行が推奨している専業主婦の方向けのカードローンサービスは、借り入れできる額が少額という制限がありますが、審査のハードルも低く電話による確認もないです。要するに、内々に即日キャッシングが可能なのです。
どの金融会社も、即日融資の他にも、30日利子無しで利用できたりお得な低金利、はたまた収入証明提出不要といったメリットを打ち出しています。お一人お一人に適合する金融機関を見つけ出しましょう。
以前よりあるカードローンとかキャッシングで借金する時は利息がとられますが、無利息キャッシングだと、事前に設定された期間内に返済したら、利息はかからないのです。
例えば銀行のカードローン、または信販系のキャッシングサービスですと、即日融資を実行してもらうことはほぼ不可能です。けれども、おおよその消費者金融においては、即日融資にも対応していると聞きます。
名前としては「即日融資対応キャッシング」であったとしても、100パーセントその場で審査が実行されるものではないという点に注意をしておく必要があるでしょう。

キャッシングを利用するときに、急いでいるなら、「全国に支店網を持つ消費者金融」のいずれかにするというのがいいでしょう。銀行カードローンで借り入れ申請しても、急ぎで貸してもらう事が困難だからです。
保証も担保も両方なしでお金を貸すわけなので、申し込み者本人の人間性で判断するしかありません。現段階での他社での借入金があまり無くてさらに誠実な人が、審査の壁を乗り越えやすいと考えます。
住居は貸家住宅、家族なし、年収も多くないといった方でも、年収の3分の1以下の金額の申込であるなら、審査の壁を乗り越えることもあると考えます。
当然のことですが、即日審査・即日融資である商品だとしましても、金利の数値が高率すぎる商品になってしまうとか、はっきり言って悪徳な金融業者などであれば、借り入れできたとしても、危険極まりないです。
どういう風にして貸し倒れを回避するか、でなければ、そのリスクを縮小するかに重きを置いているわけです。従って審査については、昔からある信用情報がなくてはならないものになってくるのです。