全国の借金相談窓口

徳島県にある借金を相談できる公共機関

・徳島県消費者情報センター
徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ5F(徳島県青少年センター)
消費者110番:088-623-0110
月~金曜日(水曜日を除く)/9:00~18:00
土曜日・日曜日/9:00~16:00
休所日:水曜日、祝日、年末年始

・徳島弁護士会 借金問題無料法律相談
徳島市新蔵町1-31 徳島弁護士会館
予約電話 088-652-5768
月~金曜日;9:00~17:00
無料相談:毎週月曜日 13:00~16:00
※祝日、年末年始 除く

・司法書士総合相談センター
徳島市南前川町4-41 司法書士会館2F
予約電話:088-657-7191
月~金曜日:9:00~17:00
毎週水曜日:15:00~17:00
無料相談:毎週木曜日;17:30~19:30
(有料相談5,400円/h)

・徳島県警察総合相談センター
徳島市万代町2丁目5
警察相談電話
088-653-9110(#9110)
24時間相談受付

・財務省四国財務局徳島財務事務所 理財課
088-622-5181
月~金曜日 8:30~17:15
(土・日・祝日・年末年始を除く)

・日本貸金業協会徳島県支部
徳島市幸町3-5-2 出口ビル2F
(ナビダイヤル) 0570-051-051
電話:月~金曜日 9:00~17:30 (土・日・祝日・年末年始を除く)
面談:ご来訪を希望される方は、事前にご連絡ください。  

法テラス

・法テラス徳島
徳島市元町1-24 アミコビル3F
予約電話:050-3383-5575
月~金曜日/9:00~17:00
※祝日・年末年始除く

徳島県市町の消費生活センター

・徳島市消費生活センター
徳島市元町1-24 アミコビル3階
電話:088-625-2326  FAX:088-625-2365
相談受付時間:全日(火曜除く) 午前10時~午後6時
休所日:火曜・祝日・年末年始

・鳴門市消費生活センター
鳴門市撫養町南浜字東浜165-10 うずしお会館4階
電話/FAX:088-686-3776
相談受付時間:平日 午前9時30分~午後3時30分
休所日:土曜・日曜・祝日・年末年始

・小松島市消費生活センター
小松島市横須町2-14 教育委員会庁舎内1階
電話/FAX:0885-38-6880
相談受付時間:平日 午前9時~午後4時
休所日:土曜・日曜・祝日・年末年始

・阿南市消費生活センター
阿南市富岡町今福寺40番地17(JR阿南駅前 阿南社会福祉会館3階) 
電話:0884-24-3251  FAX:0884-23-6079
相談受付時間:平日 午前9時30分~午後4時30分
休所日:土曜・日曜・祝日・年末年始

・美馬市消費生活センター
美馬市脇町大字脇町1265番地1(脇町老人福祉センター 2F)
電話:0883-53-1541  FAX:0883-53-1542
相談受付時間:平日 午前9時~午後3時30分(正午~午後0時45分は除く)
休所日:土曜・日曜・祝日・年末年始

・板野町消費生活相談所
板野郡板野町大寺字亀山西169-5(板野町町民センター 1F)
電話:088-672-6099 FAX:088-672-1113
相談受付時間:平日 午前9時~午後3時             
休所日:土曜・日曜・祝日・年末年始

・上板町消費生活相談窓口
板野郡上板町七條字経塚42 (上板町農村環境改善センター1F)
088-694-6816
相談受付時間:平日 午前9時~午後4時30分(正午~午後1時は除く)
休所日:土曜・日曜・祝日・年末年始
※ 相談に来られる時には必ず電話予約をしてからお越しください。


キャッシングにあたって、すぐに貸してもらう事を重要視するなら、「大手消費者金融」に限ってセレクトする方が利口です。銀行カードローンで手続きしても、手際よく貸してもらう事が困難だからです。
カードローンやキャッシングには、いろんな返済方法があるそうです。今では、ウェブ専門のダイレクトバンキングを活用して返済するという方が目立っていると話されました。
マスメディアなどで有名になった、みんなが知っている消費者金融系の会社は、押しなべて即日キャッシングを受け付けています。
銀行というのは、銀行法という法律の範囲で事業展開されておりますので、総量規制に関しましては無関係です。言ってみれば、仕事をしていない奥様でも銀行傘下の金融機関が扱うカードローンであれば、借金ができてしまうということです。
銀行などが扱っている主婦・主夫向きのカードローンは、借入枠が低額と既定されていますが、審査も厳しくなく電話確認もないのです。すなわち、家族に知らせずに即日キャッシングもできてしまいます。

早急に借り入れが必要なら、「融資の申込金額を50万円未満」にするようにしましょう。50万円以上のキャッシングとなると、借り入れ人本人の「収入証明書」が必要になるから、それだけ余分な時間がかかることになります。
今のキャッシングは、ネット上で何もかも完了できるので、とても効率も良いと言えます。提示を求められる書類などもありますが、写メを撮影してメール添付して送信すれば完了です。
無利息カードローンというものは、初めて利用する人に心配しないでトライアルという考え方で借り入れをしてもらうサービスなのです。無利息で借り入れてもらって、「決められた日にちまでに返し切ることが可能か?」を試すのにピッタリかもしれません。
金利は何と言っても大切な要素だと考えますので、これを確実に比べてみれば、あなた自身にとって条件が一番いいおまとめローンを探し出すことができると考えます。
テレビなどで有名な消費者金融の大概は、即日キャッシングサービスを展開していますし、銀行傘下の金融機関などについても、即日キャッシング用のサービスが拡大してきているのです。

どのようなやり方で貸し倒れをしないようにするか、若しくは、そのリスクを小さくするかに留意しているわけです。だから審査につきましては、古くからの信用情報が何よりも重要になってくるわけです。
しっかりプランニングしてそれに従って過ごしていても、月末など給料日の前は想定外に赤字になりがちです。こういった時に、手軽にキャッシュを用立てられるのがキャッシングです。
最近よく聞く債務の一本化とは、複数の金融機関からの借り入れ金を一体化させ、返済先をひとつだけにすることを意味し、おまとめローン等と呼ばれることが多いようです。
過去の実績として如何ほどの借り入れをして、いくら返済できているのかは、どの金融会社も知れるようになっています。自分に不利になる情報だという理由で適当なことを言うと、ますます審査が厳しくなります。
無利息で貸してもらえる期間があるカードローンというのは、借りた後何日間かは通常発生する支払利息が必要とされないカードローンのことを言うのです。無利息で利用できる期間に返済を終えれば、利息がカウントされません。