おまとめローンとは?

おまとめローンとはよく聞きますが、いまいちよく理解していない人は結構たくさんいるんじゃないでしょうか。

 

とりあえず簡単に説明すると、複数の金融機関(消費者金融やクレジットカード会社など)から借金をしている状態を一つの金融機関にまとめて借金を一本化しようということです。

 

どうして借金を一つの会社にまとめた方がいいのかというと、やはりなんといっても金利の面で有利になることが多いからです。

 

特に、昔から複数の業者にキャッシングをしている人の場合、かなりの利息を払っていると思います。そんな人は、おまとめローンを利用するだけで、かなりの利息を減らすことができるでしょう。

 

なぜなら、おまとめローンに限らず、キャッシングを利用する場合「借入金額が大きいほど設定される金利は低くなる」という特徴があるからです。

 

これは基本的にどの金融機関で借りても同じことがいえます。

 

さらに、このサイトでも紹介している銀行カードローンを利用すれば、業界トップクラスの低金利でお金を借りることができますから、借金の総額を減らすことが「確実に」できます。

 

おまとめローンで複雑な借入をなくせば完済は近い!

人はいろいろな事を同時に覚えておくことはなかなか困難なものです。

 

例えばA社とB社に借入をしていた場合、まだ2社なので把握できると思いますが、これがC社、D社、E社・・・と増えていくうちにだんだん全体でどれくらいの金額を借りているのかわからなくなってしまう恐れがあるのです。

 

そうなると返済を怠ってしまったり、遅延利息金を払わなければならないような状態になってしまう可能性もあるわけです。

 

結局、何社も借金を重ねていると、それぞれ異なる返済日や今現在の借金の総額などの把握が難しくなってくるので、ますます借金完済までの道のりが遠のいてしまいます。

 

だからここで一回、本気でおまとめローンについて勉強してみませんか?

 

しっかりとおまとめローンの特徴を理解して借りることができれば、今よりグッと返済生活がラクになることは間違いありません

肝心なのは人におすすめされた業者ではなく、自分に合った金融業者を選ぶこと

いざ自分の借金をおまとめローンで一本化しようと思っても、正直、どれがいいのかわかりませんよね!?

 

インターネットで調べてみたものの、どうもイマイチどこで借りれば自分にとってオトクになるのかわからない。。そんな声が聞こえてきそうですが、とにかく一番大事なことは

 

ネットでおすすめと書いてあったからこのおまとめローンにしました。

 

これが一番ダメなやつです(汗)

 

人がおすすめするおまとめローンだからといって、あなたに合うとは限らないのです。これはとても大事なことなので、よく覚えておいてください。

 

肝心なのは、人がおすすめする業者ではなく「自分の今の生活環境に合った業者選び」が何よりも重要なのです。

 

具体例を挙げるとすれば、正社員とパートさんでは、狙っていくキャッシング業者は当然違ってきますし、男性や女性でも違います。

 

また、住んでいるところや当然ですが収入の大小、現在の借入金額なども業者選びの重要な要素となるのです。

 

その辺をキチンと理解した上で、当サイトを含めたランキングやおすすめ業者を参考にしてもらえたらと思います。

 

何だかんだいってもおまとめローンの審査に通らなければ話は始まらない!

まあ上であれこれ言ってきましたが、とにかくゴールは業者選びではなく、あくまで「審査に通ることができるかどうか」が重要なわけで・・・まずはザッとおおまかに各金融業者の特徴を紹介していきたいと思います。

 

おまとめローンとしての利用を前提に審査に申し込む際、大まかに3つのタイプに分けられます。

1.消費者金融系
3つの中では一番審査が期待できるが、総量規制があるので年収の3分の1以上の借入は不可。審査から融資までのスピードがかなり早いのも大きな特徴。特にアコムやプロミスでは最短1時間での融資も可能。
2.銀行カードローン系
銀行が運営しているカードローンは、なんといっても総量規制の対象外なのが大きなポイント。ただ消費者金融のような即日融資などには強くない。金利や借入限度額等、商品スペックはかなりいいので、ここでまとめることができれば最高です。
3.信販系
信販系はセゾンカードのような、クレジットカード会社が運営している業者を指します。金利や限度額などは消費者金融と銀行カードローンの間くらいのスペックが一般的。知名度がある会社が運営しているところが多いのも特徴。ちなみに総量規制内しか借入できませんのでお間違えなく。

以上3タイプ解説しましたが、自分に合った業者がわかれば、それだけでおまとめローンの審査に通る可能性がグッと高まります。

 

今一度、どのタイプのおまとめローンに申し込むのか、じっくり考えてみてください。