ピンチを救った体験談

キャッシングの返済がだんだん厳しくなってきたのがキッカケで・・・

体験者:町村さん 30代女性 OL

丹羽さん

わたしは、つい軽い気持ちで借りたキャッシングの返済がだんだん難しくなってきました。

小口の少額ローンだと思って甘えていたのですが、何度も追加融資を受けたので、すぐに借入額は30万円になってしまいました(汗)

そのほかにも、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、小口ローンをいろいろと利用しており、そちらも限度額いっぱいまで借りてしまったのです。。ホント自分でも情けないくらいバカです・・・

結局、総借入額は120万円とまとまった金額になり、いよいよローンの一本化しないと返済が厳しくなってきました。

通常のカードローンやキャッシングは基本的に金利が高めなので、100万円を超えるとそう簡単には返済できません。

自転車操業の状態を解消するために私が取った行動は・・・

ローンの返済が厳しくなると、返済のためにまた別の業者のローンを借りるという、自転車操業的な返済方法になっていきました。

これは一番マズいパターンです(汗)

新たにローンを借りれば一時的に問題は解決するのですが、すぐに新しい借入先にも返済しないといけません。
そうなると、利息分だけ返済額が増えてしまうので、結果的に今まで以上に厳しくなってしまうのです。

結局私は最終的に4社から計150万円を借りることになり、もう最後の手段と思っていた「おまとめローン」の利用を決めることにしたのです。

おまとめローンの金利の低さにビックリ!

おまとめローンと呼ばれるローンは、今では結構あちこちの金融機関の主力商品です。

もちろん消費者金融や信販会社などでもラインナップしていますが、名称が少し違っていて、元々は銀行が生み出したローンの一種で、サラ金をまとめるのが目的だそうです。

銀行のおまとめローンは、実質年率12.0%前後で融資しているところもあります。
今までは17%台で借りていたので、一本化すれば単純に4%以上は低金利になるわけです。

しかも銀行が提供しているローンなので、気になる総量規制にも引っかかりません!

これはいい!と思った私は早速パソコンからおまとめローンの審査に申し込んだのです。

ローンを利用していると、1日でも早く完済して解約したいと思うでしょうが、おまとめローンの審査に通過すると、まずは旧借入先に完済をするのが基本のようです。

これは自分というより、おまとめローンを提供している会社が代行してやってくれるところも多いです。

一応、新しく借り換えたとはいえ、ローン会社との関係を1つずつ解約できるのは、非常に清々しい気分です。

ちなみに、わたしの場合は4社に借りていたので、4社全ての借金を完済し、新しく借り入れしたおまとめローン一本に返済を絞ったことになります。

また、一本化のために利用した銀行ローンは、実質年率12.0%と超低金利です。

銀行以外の金融機関では、通常この金利ではまず貸してくれないので、それだけでも銀行のおまとめローンはかなり魅力的だと思います。

ローンの一本化と節約で早期返済を実現!

実際に体験するとよく分かるのですが、借金を一本すると、生活費のシミュレーションもかなり楽になります(^^

一本化したことで、いろいろとムダが見えてきましたので、今住んでいる家賃や、食費の見直しをしました。

その結果、毎月15,000円の節約に成功し、ローンを早期完済する目処も立ってきました。

また、積極的に繰り上げ返済をしていくと、どんどん元金が減っていき(この時期が一番キツかった)、返済予定日よりも1年くらい早く完済できたのです!

もしおまとめローンを利用しなければ、早期完済や繰り上げ返済なんて考えもしなかったと思います。

複数の業者から借金をしていて、今まさにローンの返済に困っていたら、とりあえず銀行の低金利ローンを探してみるといいです。

>>町村さんが借りたカードローンはこちら