給料の減額を期に生活費に困って借金生活が始まる・・・

体験者:福田さん 40代男性 会社員

 

福田さん

能力に応じて給与を決める制度が会社で導入されたのを期に、私の月々の給料が10万円ほど減ってしまいました(T_T)

 

ただ幸いにも、元々の給与額がそれなりに高かったこともあり、減ってしまった後でも、家族を養えなくなってしまうと危機感を覚えるようなレベルにまで給与額が落ち込むことはありませんでした。

 

それでも、給与が下がってしまう前と同じ生活レベルを維持していくのは難しくなるので、妻に相談をしてみたのです。

 

すると、10万円も生活費を削るのは難しい、どうしても数万円は足が出てしまう、との返事が返って来ました。。

 

無理を言えばもっと節約を頑張ってもらえたのかもしれませんが、私としても妻や子ども達に金銭面で不自由な思いをさせるのは忍びないという気持ちがあったので強くは言えません。

 

結局、可能な範囲で節約を頑張ってもらいつつ、足りない分は金融会社からの借り入れで賄うようになりました。

 

今思えば、わたしの小さなプライドから借りたキャッシングがこんな大きな問題になるなんて。。。その時はまだ知る由もなかったのです。

 

気づけば、返済のための借り入れを重ねるようになっていた・・

毎月赤字を出して借り入れを行う生活が良くないことは分かっていました。

 

けれど、赤字と言ってもたった数万円だからという思いもありましたし、借り入れたお金は月々の返済に加えてボーナス時にまとめて返せば何とかなるだろうと甘く考えていたのです。

 

しかし現実には、回数を重ねるごとに借り入れ金額とその利息金額はどんどん膨れ上がっていき、それと同時に返済額もかさんでいきました。

 

そして唯一期待していたボーナスも、以前に比べるとかなり減額されてしまったので、気がつけば、借り入れ金を完済するのは非常に難しい状況になっていました。。

 

そうしてだんだん月々の生活費だけではなく、借り入れ金の返済のためにもお金を借りるようになり、気づけば3社から総額300万円を超える借り入れをしている状態に陥っていたのです(死)

 

その頃には、月々の返済請求額は10万円を超え、どうにもこうにも立ち行かない状態になってしまっていました(>_<)

 

おまとめローンの広告を見た瞬間、そこに光が見えた!

とある広告を見かけたのは、そんな状態に陥っていた頃でした。
見かけた広告というのは、おまとめローンの広告です。

 

その広告には、ローンの一本化をすれば月々の返済額が減らせる可能性が高いと書かれていました。

 

これだ!

 

私は広告に書いてある文章を見た瞬間、借金地獄という長いトンネルから一粒の光が見えたような気がしたのを今でもよく覚えています。

 

ちなみに私が見た広告は銀行のカードローンでした。
今まで借り入れしてきたのは3社とも全て消費者金融です。

 

その借金を全てこの銀行カードローンに借り換えれば、返済先も1社になりますし、何より消費者金融より金利が低くなる可能性が高いので、月々の返済額を減らすことができるかもしれない!と期待に胸が膨らみました。

 

そして私は早速、おまとめローンについて情報を集め始めました。

 

そして自分が見た銀行カードローンだけではなく、おまとめ目的で利用できる各社のローンを比較し、金利が低いのはもちろん、ローン会社の審査基準に自分が適合しそうなところ、そして月々の返済額や総返済額を減らせるとシミュレーション結果が出た会社で今の借金を全て借り換えようと決め、申し込んだのです。

 

さすがに300万円もの借金を借り換えることなんて出来るのか、もしかして審査落ちしてしまうかもしれない・・という不安はありましたが、何とか無事審査合格の通知が来たときには、本当に嬉しく感じました。

 

そうして見事に月々の返済請求額を数万円低くすることができたのです!

 

他にもメリットを実感しつつ完済のために邁進中

また、返済に際して手数料がかからない会社を選んだので、おまとめ前は各社への返済のたびに取られていたATM手数料を節約できるようになりました。

 

せっかく毎月の返済が楽になった訳ですから、今後は収入に見合った生活を送るよう重々気をつけつつ、完済まで返済を続けていきたいです。

 

本当に今回のことで「身の丈にあった生活」というのは、本当に大切だということを実感しました(^^;

 

>>福田さんが借りたカードローンはこちら