全国の借金相談窓口

埼玉県にある借金を相談できる公共機関

・県民相談総合センター
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1
048-830-7830
月~金 (9時~12時、13時~17時)
電話相談及び弁護士相談の予約を行っています。

・ヤミ金融被害対策埼玉弁護団
埼玉県さいたま市浦和区 高砂4-7-20 埼玉弁護士会 三階
048-836-3466
月~金 
(10時~12時、13時~16時)
ヤミ金融についての相談を受け、弁護士が受任します。弁護士は当番制で毎日待機しています。

・夜明けの会
桶川市朝日2-12-23 朝日総合法務事務所内
048-774-2862
新規受付は月・木・金 (10時~17時)
「夜明けの会」は、元被害者が自ら相談員となり、多くの司法書士の援助を得ながらヤミ金、振り込め詐欺、融資保証金詐欺など悪質な業者に対し被害者とともに闘い、被害者の更正を図っています。
また、高金利のない社会にするための運動を行っています。電話での予約をお願いします。

・財務省関東財務局 多重債務相談窓口
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1113
月~金(9時~12時、13時~17時)
多重債務に係る電話相談を無料で行っています。

 

※登録貸金業者に関する苦情・相談

・財務省関東財務局 理財部金融監督第五課
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1151
月~金(9時~12時、13時~17時)
関東財務局登録の有無の確認及び関東財務局長登録貸金業者に係る苦情・相談を行っています。
埼玉県のほかにも県外に営業所を持つ登録業者に対する苦情などはこちらが窓口です。

・埼玉県産業労働部金融課
埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階
048-830-3794
月~金(9時~12時、13時~17時)
埼玉県知事登録の業者について、法令違反があった場合、改善指導を行います。
(それ以外の業者に関する相談は、原則としてアドバイスのみとなります。)

・日本貸金業協会埼玉県支部
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5丁目6−5 埼玉県浦和合同庁舎庁舎棟 3F
048-824-0894
貸金業者に対する苦情・相談、貸付自粛登録

さいたま市

・埼玉弁護士会法律相談センター(浦和)
埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目2−1 浦和高砂パークハウス 1F
電話番号:048-710-5666
(受付:月曜日から金曜日 9時から17時 土曜日 9時30分から11時30分)

・埼玉司法書士会 総合相談センター
完全予約制による無料相談
予約専用電話番号:048-838-7472
予約受付時間:平日午前10時から午後4時まで

無料電話相談
048-838-1889
(祝日、年末年始、お盆期間中を除きます。)

法テラス

・法テラス埼玉 無料法律相談(予約制)
さいたま市浦和区高砂3-17-15 さいたま商工会議所会館6F
相談日・内容
弁護士による相談
一般相談、クレジット・サラ金相談
月曜日から金曜日:(午前)10時から12時(午後)13時から16時20分
電話番号:0503383-5375

・法テラス川越
川越市脇田本町10-10 KJビル3F
電話 0503383-5377
業務時間 平日9:00~17:00(土日・祝日及び年末年始を除く)
情報提供受付 平日9:00~12:00 13:00~16:00(土日・祝日及び年末年始を除く)

桶川市

・相談窓口 秘書広報課 広報・広聴担当
相談員:市職員
相談場所:市役所仮設庁舎2階相談室
相談日:随時(土曜日・日曜日、祝祭日を除く平日)
相談時間:午前8時30分~午後5時15分
直通電話:048-786-3450

狭山市

・市民部 消費生活センター
狭山市入間川2丁目2番25号 中央図書館5階
電話:04-2954-7799
月~金曜日(祝日を除く)
9時30分~16時(12時~13時除く)に消費生活センターへ


過去の3か月間に、キャッシング会社が実施したローン審査で不可だったとしましたら、申込をするまでに少し期間を空ける、或は改めてマイナス要因を排除してから出直した方がいいと考えます。
無人契約機なら、申込は勿論のこと、お金を貸してもらうまでに求められる全操作をそこで終わらせることができます。またカードも作られますので、以降は24時間貸し付けを受けられるのです。
あなたにフィットするカードローンを見つけたと言っても、どうしても気になってしまうのはカードローンの審査をパスして、確実にカードを手に入れられるかという点ですよね。
もしもの時に備えて、とりあえずノーローンの顧客になっておいても問題はないと思いませんか?給与が支給される前の数日間など、困った時に無利息キャッシングは結構便利だと思います。
おおむね5〜10万円程の、一度に返せる小さい金額のキャッシングなら、賢い無利息サービスを展開している金融機関に申し込んだら、利息を払う必要はありません。

返す時も、銀行カードローンは手軽であるという点が特徴的です。何故かというと、カードローンを返す時に、所定の銀行のATMであったりコンビニATMも使えるからです。
今話題のキャッシングは、ネットで完全に完了できますから、考えている以上に機能的です。提出を求められる書類などもなくはないのですが、写メを撮影してメール添付送信して完結です。
中堅あるいは小規模のいわゆるキャッシング系のローン業者だと、一歩踏み出せないのは当たり前ではないでしょうか?そういう時に頼れるのが、その業者にまつわる口コミだと断言します。
提出書類はメールに添付やインターネット上で送り届けることもできます。即日入金のカードローンが受け付けられない深夜の時間帯は、翌日の朝いちばん早くに審査できるように、申込を終えておくと良いですね。
クレジットカードの中には、年会費を払わなければならない場合もありますから、キャッシングを利用するためにクレジットカードの所有者になるというのは、思ったほど賢いやり方という訳ではありません。

即日キャッシングというのは、申し込んだ日に必要額を貸してもらえるので、基本金融機関営業終了後に申込みを終えれば、翌営業時間早々に融資できるかどうかの返事が手元に届くと思われます。
ラクラクスマートフォンでキャッシングの申込を完結させられるので、何の不都合も感じないと言われます。一番の売りは、ご自身の都合がいいときに申込して構わないということだと考えています。
カードローンやキャッシングには、各種の返済方法があって選ぶ事ができます。このごろは、インターネット上のダイレクトバンキングを介して返済するという人が増えてきたと聞かされました。
いずれの会社も、即日融資を始めとして、30日間無利息貸出やお得な低金利、更には収入証明が要らないといった長所があるようです。一人一人に合う会社をセレクトするべきです。
キャッシングで借り入れしているからと言って、異なるローンはどれも組むことができなくなるというわけではありません。少々影響を及ぼすくらいだと考えます。