全国の借金相談窓口

埼玉県にある借金を相談できる公共機関

・県民相談総合センター
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1
048-830-7830
月~金 (9時~12時、13時~17時)
電話相談及び弁護士相談の予約を行っています。

・ヤミ金融被害対策埼玉弁護団
埼玉県さいたま市浦和区 高砂4-7-20 埼玉弁護士会 三階
048-836-3466
月~金 
(10時~12時、13時~16時)
ヤミ金融についての相談を受け、弁護士が受任します。弁護士は当番制で毎日待機しています。

・夜明けの会
桶川市朝日2-12-23 朝日総合法務事務所内
048-774-2862
新規受付は月・木・金 (10時~17時)
「夜明けの会」は、元被害者が自ら相談員となり、多くの司法書士の援助を得ながらヤミ金、振り込め詐欺、融資保証金詐欺など悪質な業者に対し被害者とともに闘い、被害者の更正を図っています。
また、高金利のない社会にするための運動を行っています。電話での予約をお願いします。

・財務省関東財務局 多重債務相談窓口
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1113
月~金(9時~12時、13時~17時)
多重債務に係る電話相談を無料で行っています。

 

※登録貸金業者に関する苦情・相談

・財務省関東財務局 理財部金融監督第五課
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1151
月~金(9時~12時、13時~17時)
関東財務局登録の有無の確認及び関東財務局長登録貸金業者に係る苦情・相談を行っています。
埼玉県のほかにも県外に営業所を持つ登録業者に対する苦情などはこちらが窓口です。

・埼玉県産業労働部金融課
埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階
048-830-3794
月~金(9時~12時、13時~17時)
埼玉県知事登録の業者について、法令違反があった場合、改善指導を行います。
(それ以外の業者に関する相談は、原則としてアドバイスのみとなります。)

・日本貸金業協会埼玉県支部
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5丁目6−5 埼玉県浦和合同庁舎庁舎棟 3F
048-824-0894
貸金業者に対する苦情・相談、貸付自粛登録

さいたま市

・埼玉弁護士会法律相談センター(浦和)
埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目2−1 浦和高砂パークハウス 1F
電話番号:048-710-5666
(受付:月曜日から金曜日 9時から17時 土曜日 9時30分から11時30分)

・埼玉司法書士会 総合相談センター
完全予約制による無料相談
予約専用電話番号:048-838-7472
予約受付時間:平日午前10時から午後4時まで

無料電話相談
048-838-1889
(祝日、年末年始、お盆期間中を除きます。)

法テラス

・法テラス埼玉 無料法律相談(予約制)
さいたま市浦和区高砂3-17-15 さいたま商工会議所会館6F
相談日・内容
弁護士による相談
一般相談、クレジット・サラ金相談
月曜日から金曜日:(午前)10時から12時(午後)13時から16時20分
電話番号:0503383-5375

・法テラス川越
川越市脇田本町10-10 KJビル3F
電話 0503383-5377
業務時間 平日9:00~17:00(土日・祝日及び年末年始を除く)
情報提供受付 平日9:00~12:00 13:00~16:00(土日・祝日及び年末年始を除く)

桶川市

・相談窓口 秘書広報課 広報・広聴担当
相談員:市職員
相談場所:市役所仮設庁舎2階相談室
相談日:随時(土曜日・日曜日、祝祭日を除く平日)
相談時間:午前8時30分~午後5時15分
直通電話:048-786-3450

狭山市

・市民部 消費生活センター
狭山市入間川2丁目2番25号 中央図書館5階
電話:04-2954-7799
月~金曜日(祝日を除く)
9時30分~16時(12時~13時除く)に消費生活センターへ


審査のハードルが高いというイメージの銀行カードローンなのですが、消費者金融で申し込んだ際のカードローンの審査は通過しなかったのに、銀行カードローンの審査は大丈夫だったと言われる方も存在します。
古くからあるプロミスは、優良な即日キャッシング業者だと言えます。審査も早く、借り入れ限度額決定までに掛かる時間が1時間未満といいますのは、大急ぎで現金を手にしたい人には相当喜ばしいサービスだと言えます。
申し込みに際して要される書類はネット上やメールですぐに提出可能です。その日の内にカードローンでの借り入れが困難な深夜の時間帯ということなら、翌朝の一番早い時間に審査を開始してもらえるように、ちゃんと申し込んでおくことをおすすめします。
銀行によるカードローンサービスが、銀行カードローンと言われるものです。もしメインバンクとして出入りしている銀行から借りれたら、月毎の支払いをする際も利便性が良いと言えます。
審査の合格水準には達することはなくても、申込時までの利用状況が優良であれば、キャッシングカードが作成可能なこともあるのです。審査の現状を念頭に置いて、適正な申込を行ないましょう。

カードローンを選択する時のポイントは、各社の商品のセールスポイントを明確にして、あなたが何を差し置いても大切にしたい部分で、自分に合っているものをチョイスすることだと断言します。
今日現在までにどれ程借り入れを受けて、そしてどれだけ返済したかは、いずれの金融機関も分かるようになっています。悪影響が出る情報だとして偽ったことを言うと、余計に審査が厳しくなります。
想定外の出来事に備えて、ノーローンと契約を交わしておいても問題はないと言えます。たとえば給料日の前の数日間など、急に入り用になった時に無利息キャッシングはたいへん役に立ちます。
過去3か月以内に、キャッシング業者がやったローン審査で不合格とされたというのなら、申込の時期をもっと先にするとか改めて態勢を整え直してからにした方が利口だと思われます。
実際に計算で使われる実質年率は、人により信用度が異なるため、それにより違うとのことです。大きめの資金を借りる人は、低金利カードローンを確かめた方がいいでしょう。

銀行と申しますのは、銀行法を遵守して事業に取り組んでいるということで、貸金業法が定める借り入れの総量規制は考慮する必要がありません。すなわち、収入のない主婦の方でも銀行が取扱うカードローンを申し込めば、お金を貸してもらえます。
利息を得ることで会社としての管理運営ができているキャッシング会社が、不利な無利息キャッシングを推進する意図、それはもちろん次のユーザーをゲットすることです。
キャッシングでも無利息のものを利用する際に、業者により違いますが、1回目の借入時のみ30日という期間は無利息で「キャッシングOK!」という風なサービスを展開しているところがあります。
みんなが知っている消費者金融の大方は、即日キャッシングを商品化していますし、銀行の息が掛かった金融機関などをチェックしてみても、即日キャッシングに対応可能なサービスが拡大しているようです。
どうやって貸し倒れを招かないようにするか、若しくは、そのリスクを減らすかを重視しているのです。従いまして審査を実施する時は、保存されている信用情報が必須になるわけです。