全国の借金相談窓口

埼玉県にある借金を相談できる公共機関

・県民相談総合センター
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1
048-830-7830
月~金 (9時~12時、13時~17時)
電話相談及び弁護士相談の予約を行っています。

・ヤミ金融被害対策埼玉弁護団
埼玉県さいたま市浦和区 高砂4-7-20 埼玉弁護士会 三階
048-836-3466
月~金 
(10時~12時、13時~16時)
ヤミ金融についての相談を受け、弁護士が受任します。弁護士は当番制で毎日待機しています。

・夜明けの会
桶川市朝日2-12-23 朝日総合法務事務所内
048-774-2862
新規受付は月・木・金 (10時~17時)
「夜明けの会」は、元被害者が自ら相談員となり、多くの司法書士の援助を得ながらヤミ金、振り込め詐欺、融資保証金詐欺など悪質な業者に対し被害者とともに闘い、被害者の更正を図っています。
また、高金利のない社会にするための運動を行っています。電話での予約をお願いします。

・財務省関東財務局 多重債務相談窓口
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1113
月~金(9時~12時、13時~17時)
多重債務に係る電話相談を無料で行っています。

 

※登録貸金業者に関する苦情・相談

・財務省関東財務局 理財部金融監督第五課
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1151
月~金(9時~12時、13時~17時)
関東財務局登録の有無の確認及び関東財務局長登録貸金業者に係る苦情・相談を行っています。
埼玉県のほかにも県外に営業所を持つ登録業者に対する苦情などはこちらが窓口です。

・埼玉県産業労働部金融課
埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階
048-830-3794
月~金(9時~12時、13時~17時)
埼玉県知事登録の業者について、法令違反があった場合、改善指導を行います。
(それ以外の業者に関する相談は、原則としてアドバイスのみとなります。)

・日本貸金業協会埼玉県支部
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5丁目6−5 埼玉県浦和合同庁舎庁舎棟 3F
048-824-0894
貸金業者に対する苦情・相談、貸付自粛登録

さいたま市

・埼玉弁護士会法律相談センター(浦和)
埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目2−1 浦和高砂パークハウス 1F
電話番号:048-710-5666
(受付:月曜日から金曜日 9時から17時 土曜日 9時30分から11時30分)

・埼玉司法書士会 総合相談センター
完全予約制による無料相談
予約専用電話番号:048-838-7472
予約受付時間:平日午前10時から午後4時まで

無料電話相談
048-838-1889
(祝日、年末年始、お盆期間中を除きます。)

法テラス

・法テラス埼玉 無料法律相談(予約制)
さいたま市浦和区高砂3-17-15 さいたま商工会議所会館6F
相談日・内容
弁護士による相談
一般相談、クレジット・サラ金相談
月曜日から金曜日:(午前)10時から12時(午後)13時から16時20分
電話番号:0503383-5375

・法テラス川越
川越市脇田本町10-10 KJビル3F
電話 0503383-5377
業務時間 平日9:00~17:00(土日・祝日及び年末年始を除く)
情報提供受付 平日9:00~12:00 13:00~16:00(土日・祝日及び年末年始を除く)

桶川市

・相談窓口 秘書広報課 広報・広聴担当
相談員:市職員
相談場所:市役所仮設庁舎2階相談室
相談日:随時(土曜日・日曜日、祝祭日を除く平日)
相談時間:午前8時30分~午後5時15分
直通電話:048-786-3450

狭山市

・市民部 消費生活センター
狭山市入間川2丁目2番25号 中央図書館5階
電話:04-2954-7799
月~金曜日(祝日を除く)
9時30分~16時(12時~13時除く)に消費生活センターへ


もちろん会社により違いはありますが、今迄に遅延などの事故が何度かある方というのは、借入希望額が少額だろうとも審査は通さないという決め事があると聞きます。一言で言えば、ブラックリストに名前が出ている人です。
自明のことですが、即日審査・即日融資が可能な商品だとわかっても、実際の金利が高率すぎる商品に限定されるとか、俗に言う悪質な金融機関だったら、借り入れできたとしても、メリットがありません。
ネーミング的には「即日融資も可能なキャッシング」であっても、どんな場合も即日に審査が終わるという意味ではないという点に気をつけたいものです。
「初めてのことなので気掛かりだ」という方も結構見受けられますが、難しいことは何一つありません。申し込みはわかりづらいところなし、審査も短時間、更に利用のしやすさなども確実に進化を遂げているので、心配なく利用いただけるに違いありません。
どこのカードローン商品にするかを決める際に念頭に置いておいてほしいのは、商品ひとつひとつの一番の強みをちゃんとリサーチしておいて、あなたご自身がなかんずく大事だと思う部分で、ご自分にマッチしているものに決定することだと断言します。

給料日まで、少しの間頼ることが出来るのがキャッシングだと思われます。少しの間だけ助けてもらうと言うのなら、一番いい方法だと言っても間違いないと思います。
顧客が支払う利息によって会社運営が成り立つキャッシング会社が、儲けにならない無利息キャッシングを推し進める理由、それはやはり次のユーザーを集めることです。
どうしてもすぐに借りたいなら、「借り入れの金額を50万円未満」にした方がいいでしょう。50万円以上のキャッシングが必要だとするなら、借り入れ人本人の「収入証明書」が必ず求められることになるので、手間が掛かってしまいます。
午前中のうちにカードローンの審査が通れば、午後にキャッシュが着金する流れが通例です。当面のお金がピンチな時も、即日融資を活用すれば乗り切ることができるでしょう。
借り入れだろうと返済だろうと、コンビニや提携先のATMを有効利用できるカードローンは、とにかく利便性が良いと考えられます。言うまでもなく、手数料なしで使う事ができるかについてはチェックしておきましょう。

不測の事態に備えて、ノーローンのユーザーとして登録しておいても得こそあれ損はないと考えられます。お給料が入る前の週など、少し足しておきたいなと感じた時に無利息キャッシングは結構頼りになります。
年間200万円以上の収入をお持ちの方だったら、アルバイトをしている状況でも審査を通過できることがあるということはあまり知られていません。如何ともしがたい場合は、キャッシングを利用するのも良いと思っています。
多くの銀行系ローンの返済方法というのは、消費者金融とは異なっていて、返済日までにご自身でお店まで返しに行くことはせず、毎月既定の日付に口座引き落としされる場合がほとんどだと言えます。
クレジットカードもその種類により、年会費がとられるケースもありますから、キャッシングしようとしてクレジットカードを所有するというのは、特段クレバーなやり方ではないと断言します。
一般的に銀行がやっているのが銀行カードローンというわけです。主な金融機関として足を運んでいる銀行より借り受けることができれば、月々の返済についても利便性が良いと考えます。