全国の借金相談窓口

埼玉県にある借金を相談できる公共機関

・県民相談総合センター
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1
048-830-7830
月~金 (9時~12時、13時~17時)
電話相談及び弁護士相談の予約を行っています。

・ヤミ金融被害対策埼玉弁護団
埼玉県さいたま市浦和区 高砂4-7-20 埼玉弁護士会 三階
048-836-3466
月~金 
(10時~12時、13時~16時)
ヤミ金融についての相談を受け、弁護士が受任します。弁護士は当番制で毎日待機しています。

・夜明けの会
桶川市朝日2-12-23 朝日総合法務事務所内
048-774-2862
新規受付は月・木・金 (10時~17時)
「夜明けの会」は、元被害者が自ら相談員となり、多くの司法書士の援助を得ながらヤミ金、振り込め詐欺、融資保証金詐欺など悪質な業者に対し被害者とともに闘い、被害者の更正を図っています。
また、高金利のない社会にするための運動を行っています。電話での予約をお願いします。

・財務省関東財務局 多重債務相談窓口
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1113
月~金(9時~12時、13時~17時)
多重債務に係る電話相談を無料で行っています。

 

※登録貸金業者に関する苦情・相談

・財務省関東財務局 理財部金融監督第五課
さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館
048-600-1151
月~金(9時~12時、13時~17時)
関東財務局登録の有無の確認及び関東財務局長登録貸金業者に係る苦情・相談を行っています。
埼玉県のほかにも県外に営業所を持つ登録業者に対する苦情などはこちらが窓口です。

・埼玉県産業労働部金融課
埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階
048-830-3794
月~金(9時~12時、13時~17時)
埼玉県知事登録の業者について、法令違反があった場合、改善指導を行います。
(それ以外の業者に関する相談は、原則としてアドバイスのみとなります。)

・日本貸金業協会埼玉県支部
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5丁目6−5 埼玉県浦和合同庁舎庁舎棟 3F
048-824-0894
貸金業者に対する苦情・相談、貸付自粛登録

さいたま市

・埼玉弁護士会法律相談センター(浦和)
埼玉県さいたま市浦和区高砂4丁目2−1 浦和高砂パークハウス 1F
電話番号:048-710-5666
(受付:月曜日から金曜日 9時から17時 土曜日 9時30分から11時30分)

・埼玉司法書士会 総合相談センター
完全予約制による無料相談
予約専用電話番号:048-838-7472
予約受付時間:平日午前10時から午後4時まで

無料電話相談
048-838-1889
(祝日、年末年始、お盆期間中を除きます。)

法テラス

・法テラス埼玉 無料法律相談(予約制)
さいたま市浦和区高砂3-17-15 さいたま商工会議所会館6F
相談日・内容
弁護士による相談
一般相談、クレジット・サラ金相談
月曜日から金曜日:(午前)10時から12時(午後)13時から16時20分
電話番号:0503383-5375

・法テラス川越
川越市脇田本町10-10 KJビル3F
電話 0503383-5377
業務時間 平日9:00~17:00(土日・祝日及び年末年始を除く)
情報提供受付 平日9:00~12:00 13:00~16:00(土日・祝日及び年末年始を除く)

桶川市

・相談窓口 秘書広報課 広報・広聴担当
相談員:市職員
相談場所:市役所仮設庁舎2階相談室
相談日:随時(土曜日・日曜日、祝祭日を除く平日)
相談時間:午前8時30分~午後5時15分
直通電話:048-786-3450

狭山市

・市民部 消費生活センター
狭山市入間川2丁目2番25号 中央図書館5階
電話:04-2954-7799
月~金曜日(祝日を除く)
9時30分~16時(12時~13時除く)に消費生活センターへ


キャッシングであれば、保証人を立てることもないですし、併せて担保もいりません。そんな理由もあって、容易に借用することが出来るわけです。
金融機関ごとに、即日融資を筆頭に、30日間の無利息期間設定や有利な低金利、これ以外では申込時に収入証明の提出を求めないなどの魅力的な点があります。あなた自身にちょうどいいところをチョイスしましょう。
銀行などが扱っている専業主婦の方向けのカードローンサービスは、借り入れできる額が少額ではありますが、審査もゆるく確認の電話もかかってこないのです。すなわち、内密に即日キャッシングをすることができるということなのです。
どうやって貸し倒れに陥らないようにするか、あるいは、そのリスクを小さくするかにポイントを置いているのです。よって審査を行なう時は、従来からの信用情報がなくてはならないものになると言われます。
借金を作ると言うと、後ろ向きな印象があるのは否めませんが、マイホームを始めとした大きいものを買う時は、ローンを利用するのではないでしょうか?それと同一だと考えてください。

有名なプロミスは、しっかりとした即日キャッシング業者の1つです。即日の審査で、貸付を受けられるかどうかが分かるまでの時間がだいたい30〜60分というのは、翌日まで待てない人には何にも増してありがたいサービスだと考えられますよね。
クレジットカード毎に、年会費の支払い義務があることだってありますから、キャッシングが必要だからと言ってクレジットカードを有するというのは、そこまでクレバーなやり方とは言い切れません。
著名な金融機関の関連金融業者で審査にパスできなかったというなら、駄目で元々で地方にしかないキャッシングの会社に申し込みを入れた方が、審査に合格する可能性は高いのではないでしょうか。
従来なら「キャッシング」となれば、電話、あるいは無人契約機経由での申し込みが中心だったんです。しかし、今日ではインターネットが広まって、キャッシングの手続き自体は予想以上に手軽なものになっています。
即日融資が申請できるカードローンの利点は、とにかく短時間で用立ててくれることです。ちなみに限度額の上限を越さなければ、回数の上限なく融資を受けられます。

たいがいのキャッシング事業者というのは、定休日なし・24時間休まず受付けは行ないますが、審査するのは各業者の融資担当者が業務に従事している間に限定されることを意識しておかないといけないと思われます。
各県に支店を配置している消費者金融の多くは、即日キャッシングを提供していますし、各地の銀行系の金融機関などにおいても、即日キャッシング用のサービスが広まってきたので要注目です。
銀行が提供しているカードローンというのは、借入れの総量規制対象外となります。ですから、融資をたくさん受けても心配は不要です。融資を受けるに当たっての最大額につきましても1000万円程度に設定しているところが多く、満足できる金額だと考えます。
今日に至るまでに返済日に返済ができなかった経験のある方は、それが審査で不利な要素になると思ったほうがいいでしょう。一言で言えば、「返済する能力なし」ということになり、厳然としてジャッジされるでしょう。
車購入時のローンは総量規制の対象に含まれません。よって、カードローンに関する審査を受ける時は、自動車購入用代金は審査対象には含まれませんので、問題ありません。