全国の借金相談窓口

大阪府にある借金を相談できる公共機関

・近畿財務局
多重債務無料相談窓口
大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第4号館8階
06-6949-6523
06-6949-6875
9時~17時 月曜日~金曜日(祝日を除く)

・大阪弁護士会 総合法律相談センター
06-6364-0251(案内テープ)
06-6364-1248 (予約用)
平日:午前9時~午後8時
土曜:午前10時~午後3時30分
※平日夜間・土曜・日曜相談あり
・なんば法律相談センター
06-6645-1273
平日:午前9時~正午/午後1時~午後8時
※平日夜間・土曜相談あり

堺法律相談センター
072-223-2903
平日:午前9時~正午/午後1時~午後5時

岸和田法律相談センター
072-433-9391
平日:午前9時~正午
午後1時~午後5時

谷町法律相談センター
06-6944-7550
平日:午前10時~午後4時45分

南河内法律相談所
06-6364-1248
平日:午前9時~午後8時

国民生活センター

・貝塚市市民相談室
〒597-8585 大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館1階 
毎週火曜日 10時~・13時~・15時~(予約制)
予約は市民相談室(電話:072-433-7085)へ。
当日でも空いていれば相談できます。
消費生活センター(市民相談室内)までお越しください。

・豊中市立生活情報センターくらしかん
豊中市北桜塚2丁目2番1号
電話:06-6858-6656
電話予約:月曜日~金曜日 9時~16時
(年末・年始及び土曜・日曜・祝日・休日は休み)
相談日時:月曜日~金曜日 9時~12時、13時~16時
(年末・年始及び土曜・日曜・祝日・休日は休み)
※予約してください。

・茨木市総務部広報広聴課
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館1階
072-620-1603
午前9時30分~正午(相談時間は25分以内)
場所:茨木市役所 南館1階 市民生活相談課
相談担当:司法書士
※予約は、前日の午前8時45分から電話で申込お願いします。
各日先着6人です。
前日の予約日が祝日にあたるときは、直前の開庁日が予約受付の開始日になります。

法テラス

・法テラス大阪
大阪市北区西天満1-12-5 大阪弁護士会館B1F
平日 9時~17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)
電話:050-3383-5425

・法テラス堺
堺市堺区南花田口町2-3-20 三共堺東ビル6F
電話:050-3383-5430
平日 9時~17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)


以前に返済日に返済ができなかった経験をお持ちの方は、その分審査が厳しくなることは珍しくありません。一言で言えば、「返済能力の欠如」ということと同じですから、毅然としてジャッジされるでしょう。
無論、審査基準は各業者各々異なっていますので、例えばA社では落ちたけどB社では問題なしだったというようなこともあります。万一審査に通過しなかったら、他所の業者で再チャレンジするというのも良い方法です。
従来なら「キャッシングする」と言ったら、電話や無人契約機を用いての申し込み申請が通例だったのです。けれど、ここにきてネットのグローバル化により、キャッシングの申込作業自体は思っている以上にハードルが下がりました。
銀行が提供するカードローンは、いわゆる総量規制の対象になりませんので、多額の借入をしても困った事にはなりません。借り入れを申し込む際の最大可能額についても500万〜1000万円と、満足できる金額ではないでしょうか?
金利の低いカードローンは、事業資金などの借入の場合や、継続的に借り入れをしなければならないときには、月毎の返済額をかなり抑えることが可能なカードローンだといわれています。

無人契約機であれば、申込は勿論ですが、お金を引き出すまでの全ての操作がそこで完結します。プラスカードも作られますので、次からは好きな時間帯に貸してもらうことができるというわけです。
このサイトは、「至急お金が要る!」とお困りの人のために、即日キャッシングに応じてくれる金融機関を、入念にリサーチし、ご披露しているサイトなのです。
おまとめローンを利用したいと言っても、融資を受けるという部分ではまったく一緒ですから、審査にパスしなければ一歩も前に進めないということを把握しておくべきだと思います。
金融機関ごとに、即日融資の他にも、例えば30日の無利子や低い金利、それから収入証明が要らないといった特色があります。お一人お一人にマッチした金融機関を見極めましょう。
今直ぐ借り入れたいなら、「借りる額面を多くて49万円台」とすることです。50万円以上のキャッシングだと、借り入れをする方の「収入証明書」が必須となるので、手間暇がかかってしまいます。

別の金融機関でもうすでにキャッシングにより借金をしている方が、新たにキャッシングを申込む場合、どこの金融会社でも手こずることなく融資を受けられるとは断言できない事を忘れないようにしましょう。
クレジットカード次第で、年会費が徴収される場合もありますから、キャッシングしたいがためにクレジットカードを作ってもらうというのは、そこまで一押しできる方法ではないと考えます。
銀行系サービスのカードローン、はたまた信販系が扱うキャッシングにおいては、即日融資サービスを受けることは不可能だと思われます。ところが、押しなべて消費者金融においては、即日融資も利用できるようになっているので本当に助かります。
今更ですが、即日審査・即日融資を標榜している商品であったとしても、金利が高率すぎる商品となってしまったり、問題になっている悪質な金融機関だったら、即日契約したところで、メリットがありません。
申し込みに際して要される書類はeメール或いはネット上で送り届けることもできます。即日のカードローンが出来ない深夜である場合は、翌朝一番に審査を受けられるよう、申込だけは終えておくべきです。