何社も借り入れを繰り返していると困ることとは・・・

体験者:坂下さん 30代女性 会社員

 

坂下さん

以前のわたしは、お金が必要になる度に、あまり深く考えもせず気軽にキャッシングを繰り返していました(汗)

 

その頃は、借り入れ(借金)をしているという自覚もあまりなく、毎月の給料日には返済できていたので、それくらいは大丈夫!という感覚で借り入れを続けていたのです←バカ

 

確かに初めは軽い気持ちで借りていたのですが、次第に1社だけでは物足りなくなり、ついには他社のカードからも借り入れをするようになっていきました(死)

 

一応2社までは生活費用と買い物用とに分けて利用していましたが、徐々に金額が増えていくにつれて、更にもう一社からもキャッシングを利用してしまい、結局、合計3社から約80万円という借金を作ってしまうことになるのでした。。。

 

借入する業者が増えると返済の手間も増えるという事実

たった3社なら管理はできると思っていたのですが、現実はそんなに甘くはなく、返済日や金額がそれぞれ違うこともあり、うっかり返済期日を過ぎてしまうこともちょくちょくありました。

 

当然、金銭的にもギリギリだったので、余裕のお金を口座に入れておく事もできず、支払い日に慌てて入金をするような状態が暫くの間続いたのです。

 

キチンと管理ができない自分に苛立ちながらも、まとめて返すような資金もなく、次第に借金の重みで精神的にも押しつぶされそうになっていったのでした。。

 

おまとめローンでとりあえず全額返済する決心をする!

そんなとき、ふと立ち寄った銀行でおまとめローンというものがあることを知りました。

 

おまとめローンとは、今ある複数の業者からの借金を一旦全額返済し、新たに借り入れした業者一本に借金をまとめるという金融商品です。

 

複数の業者から一社に借金をまとめることで、様々なメリットが生まれ、特に一番のポイントになる毎月の返済額の軽減を狙うのがおまとめローンの目的です。

 

また、今回立ち寄ったような銀行のおまとめローンは総量規制の対象外ということで、わたしのようなケースでも審査に通る可能性が高いんじゃないか?と思ったのも、話を聞こうと思った理由の一つです。

 

もし審査に通れば、借入金が一本化して返済しやすくなるだけでなく、金利もそれまでのものより低くなり、月々の返済額が安くなるとのことで、その日は軽く話をし、資料をいただいて自宅でよく検討することにしました。

 

よく理解しないまま、またローンを増やして、さらに借金の管理ができなくなるのはなんとしても避けたかったので、このときは初めて真剣に自分の経済状態を考えました←遅い(苦笑)

 

そしてよくよく検討した結果、まずはおまとめローンの審査に申し込んでみることに決めたのです。

 

精神的なプレッシャーから開放されたのが一番の大きなメリット!

その後、なんとか無事に審査にも通り、わたしは今までの3社分ローンを一旦すべて完済する事ができました。

 

もちろん今後は、新たに借入した銀行カードローンへ借金を返済していくことになります。

 

ただ同じ借り入れでも、やはりいくつにも分かれていると精神的に負担になるということを、おまとめローンを利用してみて改めて実感しました。

 

自分で使ったお金ですから返済するのは当然なのですが、1ヶ月に何度も返済日があると頭の中で整理されなくなってきます。

 

これは実際に経験すると本当に実感して、私も今まで3社くらいの返済なんて簡単に管理できると思ったんですが、意外とできませんでした(汗)

 

その点、借金を一社にまとめれば返済先は1社だけなり、返済日も当然月に一回になりますから入金し忘れることもなく、しっかりと借金全体を把握できます。

 

月々の金額も新しいプランで金利が下がったことにより軽減され、計画的に返済できるので気持ちに余裕が生まれるようになったのは非常に大きいです。

 

また、完済の夢が現実味を帯びてきてからは、無駄を省いた生活を心がけるようになりました。

 

私は、これまでの計画性のない借り入れを反省して、今後は無茶なローンを組まないようにしようと決めています。

 

せっかく借金を一本化して、完済も夢物語ではなくなってきたのに、また借金を増やしたら意味ありませんから(笑)

 

そして、日々の生活も無駄を少なくする工夫をして、お金を使うときには慎重に考える癖がつきました。

 

今では、いかに自分のお金の使い方がテキトーで安易な考え方だったかと思い知らされております(^^;

 

このような生活に変えてしっかりと家計を管理できるようになったことも、おまとめローンを利用した大きなメリットといえます。

 

まだまだ完済までの道のりは長いですが、借金をまとめたことで今回はゴールまでたどり着ける自信が出てきました!

 

>>坂下さんが借りたカードローンはこちら