全国の借金相談窓口

沖縄県にある借金を相談できる公共機関

・沖縄県子ども生活福祉部消費・くらし安全課
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
(貸金業苦情相談窓口)
098-866-2310
(貸金業専用電話) 県登録貸金業者に関する登録確認や苦情等
毎週月~金曜日9時~17時 (12時~13時を除く)

・沖縄総合事務局財務部
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2丁目1−1
多重債務者相談窓口 098-866-5070
毎週月~金曜日 9:時~17時 (12時~13時を除く)

・沖縄総合事務局 財務部金融監督課
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2丁目1番1号 那覇第2地方合同庁舎2号館
098-866-0095 国登録貸金業者に関する登録確認、苦情
毎週月~金曜日 8時30分~17時15分

・沖縄クレサラ・貧困被害をなくす会
〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋2丁目5番7号 (ひめゆりビル3階)
098-836-4851
毎週月・水・金曜日 13時~17時

・公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)
0570-031640 多重債務ほっとライン
毎週月~金曜日 10時~12時40分/14時~16時40分

沖縄県消費生活センター

・沖縄県消費生活センター
〒900-8570 那覇市泉崎1-2-2  沖縄県本庁舎1階
098-863-9214
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

・沖縄県消費生活センター宮古分室
〒906-0012 宮古島市平良西里1125 沖縄県宮古合同庁舎1F
0980-72-0199
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

・沖縄県消費生活センター八重山分室
〒907-0002 石垣市字真栄里438-1 八重山合同庁舎1階
0980-82-1289
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

法テラス

・日本司法支援センター 沖縄地方事務所 (法テラス沖縄)
〒900-0023 那覇市楚辺1-5-17 プロフェスビル那覇2・3F
050-3383-5533
毎週水・金曜日
10時~16時 (12時~14時を除く)

沖縄弁護士会 法律相談センター

・沖縄弁護士会 法律相談センター(那覇)
沖縄県那覇市松尾2丁目2番26-6号
098-865-3737
受付時間9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
毎週月~金曜日 9時30分~15時30分
(11時30分~13時30分を除く)
毎週水曜日18時~20時
隔週日曜日10時~12時

・沖縄弁護士会 法律相談センター 沖縄支部
〒904-2151 沖縄県沖縄市松本3丁目1−6
098-934-5722
受付時間9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
毎週月・水曜日 13時~16時
毎週金曜日10時~12時

・沖縄弁護士会 名護有料法律相談センター
0980-52-5559
受付時間:9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
相談/毎週月・木曜日 13時~16時

司法書士総合センター

・なは司法書士総合相談センター
098-867-3577
受付時間 9時~17時(土・日曜日及び祝日を除く)
司法書士による法律相談(要予約)
※司法書士の紹介をお願いする場合は、沖縄県司法書士会
Tel : 098-867-3526
毎週火・木曜日 14時~16時 (無料相談)

・やんばる司法書士総合センター
098-867-3577
受付時間 9時~17時(土・日曜日及び祝日を除く)
司法書士による法律相談(要予約)
※司法書士の紹介をお願いする場合は、沖縄県司法書士会
Tel : 098-867-3526
毎月1回第3水曜日
14時~16時(無料相談)


キャッシングの利用手続きをすると、貸金業者は申し込みを入れてきた人の個人信用情報をウォッチし、そこに申し込みに来たという事実を記録します。
日頃のくらしの中では、どういった人でも思いがけず、急ぎでまとまったお金が必要になることがあります。こういう事態が発生した時は、即日融資をしてくれるキャッシングが非常に役に立つと思います。
約5万から10万円ほどの、一括にて返せるそれほど大きな額ではないキャッシングの場合は、重宝する無利息サービスを展開中のキャッシング会社をご利用になれば、利息を徴収されることはないのです。
それまでに払いが遅くなったという経験があるという方は、それが審査を不利に導くというケースも多いです。一言で言えば、「支払能力不足」ということを意味し、とても厳格に判定されるはずです。
金融機関によって多少違いはありますが、今迄に遅延などの事故が何度かある人につきましては、条件に関係なく審査はクリアさせないという決定事項があると聞きます。端的に言えば、ブラックリストに登録され敬遠される人々です。

給料がもらえるまで、幾日か力になってくれるのがキャッシングだと思っています。必要な時だけ助けてもらうと言うのなら、一押しの方法だと言っていいでしょう。
申し込みに際して要される書類はメールに添付やインターネット上で送付も簡単です。その日のうちのカードローンが不可能な深夜などの時間帯だとすれば、翌朝一番に審査してもらうことができるよう、きちんと申し込みをしておくべきです。
昼前にカードローン審査にパスすると、その日の午後に依頼した額を受領することができる流れが通常です。当面のお金がなくて心配でも、即日融資という強い味方があれば何とか乗り切ることができます。
マイカーローンに関しましては、総量規制の対象には入りません。という理由から、カードローンの審査の際に、マイカーを買った代金は審査対象とはみなされませんので、安心していて大丈夫です。
ネーミングとしては「即日融資も可能なキャッシング」となっていても、間違いなくすぐに審査がとり行われるとまでは言い切れないという事実に気をつけたいものです。

金利の低いカードローンは、多くのお金が必要な時とか、長期間にわたって借りる必要がある時には、毎月毎月の返済額を相当少額にすることができるカードローンなので非常に便利です。
信販系とか消費者金融などのカードローンサービスに関しましては、総量規制の対象として扱われますが、銀行カードローンは、対象外として扱われます。単純に審査にパスすれば、借用できると聞きます。
確かに以前は「キャッシング」と言ったら、電話だったり、無人契約機経由での申し込みが通例だったのです。近ごろはネットが発達して広まったことで、借り入れ申し込み手続きは想像以上にハードルが下がりました。
「金額の少ないキャッシングをして、給料日に返済する」という会社員に多く見受けられるパターンを鑑みれば、「ノーローン」は、何度でも無利息キャッシングが可能なので本当に役立ちます。
審査の時間もわずかですし、便利な即日キャッシングにも対応する消費者金融系キャッシング会社は、この先日増しにニーズが高くなっていくであろうと考えます。