全国の借金相談窓口

沖縄県にある借金を相談できる公共機関

・沖縄県子ども生活福祉部消費・くらし安全課
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
(貸金業苦情相談窓口)
098-866-2310
(貸金業専用電話) 県登録貸金業者に関する登録確認や苦情等
毎週月~金曜日9時~17時 (12時~13時を除く)

・沖縄総合事務局財務部
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2丁目1−1
多重債務者相談窓口 098-866-5070
毎週月~金曜日 9:時~17時 (12時~13時を除く)

・沖縄総合事務局 財務部金融監督課
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2丁目1番1号 那覇第2地方合同庁舎2号館
098-866-0095 国登録貸金業者に関する登録確認、苦情
毎週月~金曜日 8時30分~17時15分

・沖縄クレサラ・貧困被害をなくす会
〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋2丁目5番7号 (ひめゆりビル3階)
098-836-4851
毎週月・水・金曜日 13時~17時

・公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)
0570-031640 多重債務ほっとライン
毎週月~金曜日 10時~12時40分/14時~16時40分

沖縄県消費生活センター

・沖縄県消費生活センター
〒900-8570 那覇市泉崎1-2-2  沖縄県本庁舎1階
098-863-9214
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

・沖縄県消費生活センター宮古分室
〒906-0012 宮古島市平良西里1125 沖縄県宮古合同庁舎1F
0980-72-0199
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

・沖縄県消費生活センター八重山分室
〒907-0002 石垣市字真栄里438-1 八重山合同庁舎1階
0980-82-1289
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

法テラス

・日本司法支援センター 沖縄地方事務所 (法テラス沖縄)
〒900-0023 那覇市楚辺1-5-17 プロフェスビル那覇2・3F
050-3383-5533
毎週水・金曜日
10時~16時 (12時~14時を除く)

沖縄弁護士会 法律相談センター

・沖縄弁護士会 法律相談センター(那覇)
沖縄県那覇市松尾2丁目2番26-6号
098-865-3737
受付時間9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
毎週月~金曜日 9時30分~15時30分
(11時30分~13時30分を除く)
毎週水曜日18時~20時
隔週日曜日10時~12時

・沖縄弁護士会 法律相談センター 沖縄支部
〒904-2151 沖縄県沖縄市松本3丁目1−6
098-934-5722
受付時間9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
毎週月・水曜日 13時~16時
毎週金曜日10時~12時

・沖縄弁護士会 名護有料法律相談センター
0980-52-5559
受付時間:9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
相談/毎週月・木曜日 13時~16時

司法書士総合センター

・なは司法書士総合相談センター
098-867-3577
受付時間 9時~17時(土・日曜日及び祝日を除く)
司法書士による法律相談(要予約)
※司法書士の紹介をお願いする場合は、沖縄県司法書士会
Tel : 098-867-3526
毎週火・木曜日 14時~16時 (無料相談)

・やんばる司法書士総合センター
098-867-3577
受付時間 9時~17時(土・日曜日及び祝日を除く)
司法書士による法律相談(要予約)
※司法書士の紹介をお願いする場合は、沖縄県司法書士会
Tel : 098-867-3526
毎月1回第3水曜日
14時~16時(無料相談)


レディースキャッシングとは、女性向けのサービスでいっぱいのキャッシング申込のことであり、女性向けの優遇特典などがあると教えられました。
確かに以前は「キャッシング」となれば、電話、もしくは無人契約機を利用しての申込み手続きしかなかったのです。現在はネット環境が進化したことで、キャッシングの手続きは予想以上に簡便になってきています。
住居が賃貸住宅、独身の方、更に年収も低めという場合でも、年収の3分の1程度までの金額が希望なら、審査のハードルをクリアすることもなくはないと言えるでしょう。
お申込みの作業はウェブ上で行なうことができますので、一回も窓口に出向くこともないですし、キャッシング完了まで、誰にも合うことなく終了させることができるので気分的にも楽ですね。
万が一のことを考えて、ノーローンの契約者になっておいてもいいと言えるのではないでしょうか?給料が振り込まれる1週間くらい前の時期とか、小遣いがまったくなくなったような時に無利息キャッシングはとても助けになります。

即日融資を申し込みたいという場合でも、あなた自身が金融機関まで行って手続する必要は特にないのです。パソコンあるいはスマホを使って申込み可能で、必要と言われている各種書類も、スマホですとか携帯を使ってメール添付などすれば完了です。
銀行が推進しているのが、銀行カードローンになるわけです。普段からメインバンクとして取り引きをしている銀行から借り受けることができれば、毎月の支払いの点でも都合が良いと言えます。
消費者金融業者にてキャッシングすることに心理的ハードルがあると言うのなら、銀行のサービスでも即日融資に対応しているとの事ですから、銀行に行ってカードローンを活用してみてください。
無利息のものであっても、無利息期間の他に利息が付く期間が設けられているはずですから、ご自分が実際に利用するローンとして相応しいかどうか、きちんとジャッジしてから申し込むという段取りにしてください。
少なくとも200万円位の年収になる人であるなら、バイトでも審査でOKとなることがあると聞いています。他に手立てがない場合は、キャッシング利用を検討しても良いのではありませんか?

大部分の銀行系ローンの返済方法というのは、消費者金融の定番のように、返済日までに借りている本人が返済しに行くということは要されず、毎月毎月既定の日に口座引き落としされるというのが主流です。
各県に支店を持っているような金融機関のグループ会社で借りれなかったというなら、思い切って地方にしかないキャッシングの会社で申し込みをした方が、審査に通る公算は大きいはずです。
自明のことですが、即日審査・即日融資を明言している商品であろうとも、金利の数値が法外である商品であるとか、はっきり言って悪徳金融会社であったりする場合は、契約しようとも、危なくてしようがありません。
カードローンを選択する際に意識しなければならないのは、商品固有の利点をきちんと下調べして、特にあなたが大事だと思うポイントで、自分に合っているものにすることです。
他所の金融機関にてとうにキャッシングでお金を貸してもらっているという方が、更に借りる場合、どの金融会社でも手こずることなく融資を受けられるとは断定できないということを覚えておきましょう。