全国の借金相談窓口

沖縄県にある借金を相談できる公共機関

・沖縄県子ども生活福祉部消費・くらし安全課
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
(貸金業苦情相談窓口)
098-866-2310
(貸金業専用電話) 県登録貸金業者に関する登録確認や苦情等
毎週月~金曜日9時~17時 (12時~13時を除く)

・沖縄総合事務局財務部
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2丁目1−1
多重債務者相談窓口 098-866-5070
毎週月~金曜日 9:時~17時 (12時~13時を除く)

・沖縄総合事務局 財務部金融監督課
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2丁目1番1号 那覇第2地方合同庁舎2号館
098-866-0095 国登録貸金業者に関する登録確認、苦情
毎週月~金曜日 8時30分~17時15分

・沖縄クレサラ・貧困被害をなくす会
〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋2丁目5番7号 (ひめゆりビル3階)
098-836-4851
毎週月・水・金曜日 13時~17時

・公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)
0570-031640 多重債務ほっとライン
毎週月~金曜日 10時~12時40分/14時~16時40分

沖縄県消費生活センター

・沖縄県消費生活センター
〒900-8570 那覇市泉崎1-2-2  沖縄県本庁舎1階
098-863-9214
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

・沖縄県消費生活センター宮古分室
〒906-0012 宮古島市平良西里1125 沖縄県宮古合同庁舎1F
0980-72-0199
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

・沖縄県消費生活センター八重山分室
〒907-0002 石垣市字真栄里438-1 八重山合同庁舎1階
0980-82-1289
毎週月~金曜日 9時~16時 (12時~13時を除く)

法テラス

・日本司法支援センター 沖縄地方事務所 (法テラス沖縄)
〒900-0023 那覇市楚辺1-5-17 プロフェスビル那覇2・3F
050-3383-5533
毎週水・金曜日
10時~16時 (12時~14時を除く)

沖縄弁護士会 法律相談センター

・沖縄弁護士会 法律相談センター(那覇)
沖縄県那覇市松尾2丁目2番26-6号
098-865-3737
受付時間9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
毎週月~金曜日 9時30分~15時30分
(11時30分~13時30分を除く)
毎週水曜日18時~20時
隔週日曜日10時~12時

・沖縄弁護士会 法律相談センター 沖縄支部
〒904-2151 沖縄県沖縄市松本3丁目1−6
098-934-5722
受付時間9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
毎週月・水曜日 13時~16時
毎週金曜日10時~12時

・沖縄弁護士会 名護有料法律相談センター
0980-52-5559
受付時間:9時~18時(12時~13時、土・日曜日及び祝日除く)
相談/毎週月・木曜日 13時~16時

司法書士総合センター

・なは司法書士総合相談センター
098-867-3577
受付時間 9時~17時(土・日曜日及び祝日を除く)
司法書士による法律相談(要予約)
※司法書士の紹介をお願いする場合は、沖縄県司法書士会
Tel : 098-867-3526
毎週火・木曜日 14時~16時 (無料相談)

・やんばる司法書士総合センター
098-867-3577
受付時間 9時~17時(土・日曜日及び祝日を除く)
司法書士による法律相談(要予約)
※司法書士の紹介をお願いする場合は、沖縄県司法書士会
Tel : 098-867-3526
毎月1回第3水曜日
14時~16時(無料相談)


実際に適用になる実質年率は、申込者の信用如何で異なると聞いています。一定レベル以上の金額の借り入れをしたい場合は、低金利カードローンを確認した方が賢明だと思います。
どう手を打って貸し倒れを避けるか、ないしは、そのリスクを分散するかに意識を置いているのです。そんなわけで審査に関しては、それまでの信用情報が頼りになるとされています。
銀行と言いますのは、銀行法を遵守して事業を進展させていますので、消費者金融が関係する貸金業法の総量規制というのは適用の対象外なのです。ですから、主婦や主夫の人でも銀行系のカードローンを利用すれば、借り入れ可能だということです。
一昔前に支払いの期日が過ぎてしまったという経験を持っている方は、それが審査を不利に導くというケースも多いです。つまりは、「返済能力が欠けている」ということと同義なので、厳然として審査されます。
銀行が推し進める主婦専用のカードローン商品というのは、借り入れ限度額が低額という制約があるのですが、審査も簡単で電話による確認もないです。ということは、ご主人に言わずに即日キャッシングができてしまいます。

無利息キャッシングを利用する際に、業者により違いますが、最初の借入れの時だけ30日間以内は無利息で「融資可能!」といったサービスを推進しているところも見られます。
銀行カードローンだとすれば、どんなものでも専業主婦や専業主夫が利用できるかというと、そうはいきません。「年収○○以上は必要」などと様々な条件が盛り込まれている銀行カードローンもあるようです。
申請書類はネット経由やメール添付によって手間を掛けずに送り届けられます。カードローンでの即日入金が出来ない深夜という状況なら、次の朝いちばん最初に審査を開始してもらえるように、申込だけは入れておいて下さい。
借入れの時も返済の時も、コンビニエンスストアや一定の銀行のATMを利用することができるカードローンは、とにかく実用性に優れていると言っても過言ではありません。勿論ですが、手数料はかからずに利用可能かについては調べておきたいものです。
各県に支店を配置している消費者金融の殆どは、即日キャッシングを推し進めています。このほかにも銀行の息が掛かった金融機関などに関しましても、即日キャッシングを行うサービスが増加しているとされています。

「ご主人の年収を書けば申し込み受付完了」とか、専業主婦向けのカードローンを設けている金融機関というのもあります。「主婦も申し込める!」などと記載されていれば、概ね利用することができると考えます。
キャッシングにあたって、迅速さを優先したいなら、「各県に支店を置いている消費者金融」のどれかにするべきです。銀行が行うカードローンサービスは、手際よく貸してもらうことはできないとされているからなのです。
「少々のキャッシングをして、給料日にすべて返す」といったサラリーマンがよくやるパターンを考えれば、「ノーローン」は、好きな時に無利息キャッシングをすることが可能なので大変重宝します。
カードローンをチョイスする時のポイントは、商品別のウリをちゃんとリサーチしておいて、特にあなたが不可欠だと感じている項目で、あなたにふさわしいものをピックアップすることだと思われます。
お給料日が来るまでの何日間かが金欠になる方や、何日か後にお金がもらえることになっているというようなケースでは、1週間は利息が要されないサービスをチョイスした方が、低金利カードローンを利用するより恩恵を受けられます。