全国の借金相談窓口

宮城県にある借金を相談できる公共機関

・宮城県消費生活センター
電話:022-261-5161
【受付時間】 平日:9時~17時  土日:9時~16時
※祝日・年末年始はお休みです。
消費生活・文化課
宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号13階北側
022-261-516

・宮城県東部地方振興事務所
登米地域事務所 県民サービスセンター
登米市迫町佐沼字西佐沼150-5 宮城県登米合同庁舎2階
0220-22-5700
毎週 月~金曜日(祝日・年末年始休日除く) 9時00分~16時00分
相談料:無料

・登米市産業経済部 商業観光課
登米市中田町上沼字西桜場18 登米市中田庁舎2階
毎週 月~金曜日(祝日・年末年始休日除く)
9時00分~17時00分
TEL:0220-34-2308

・仙台弁護士会
登米法律相談センター 登米市登米町寺池桜小路89
TEL:0220-52-2348
毎週 水・金曜日(祝日・年末年始休日除く)
受付時間:10時00分~15時00分
休日:日曜・祝祭日・年末年始

・宮城県司法書士会登米支部
〔支部事務局〕
登米市迫町佐沼字中江2丁目7-11 東北住販ビル4F-B
笠原久昭司法書士事務所
TEL:0220-22-1081
毎週 月~金曜日 (祝日・年末年始休日除く) 
9時00分~17時30分
相談料:初回無料

仙台市

・市民局消費生活センター(消費生活相談)
仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5F
消費生活相談ダイヤル:022-268-7867
相談時間:9時から18時まで 年末年始を除く

国民生活センター

・大崎市消費生活センター
総務部市政情報課
大崎市古川七日町1-1 市役所東庁舎1階
電話番号:0229-23-5091

※大崎定住自立圏域(大崎市、美里町、加美町、涌谷町、色麻町)にお住まいの方の多重債務相談を受け付けています。
無料法律相談受付電話:0229-21-7321

相談員による事前聴き取り(電話または来所)
受付:月曜日~金曜日 午前9時~午後4時 (祝日・年末・年始を除く)
※市内在住・在勤(事業者を除く)・在学の方ならどなたでも相談できます。

弁護士による面談(無料・予約制)
開催日:毎月第2・3・4木曜日
面談時間:午後1時~午後4時(1件当たり30分)
・借金の整理、自己破産などの相談ができます。
・面談後、面談を受けた弁護士に債務整理の手続きを依頼することができます。

・栗原市市民生活部社会福祉課
多重債務相談電話  0228-42-3778〔し あわせに みんな なや むな〕
受付 月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前9時から午後5時

市民生活部社会福祉課
宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号(市役所1階)
電話:0228-22-1340

 


消費者金融は即日キャッシングサービスの用意をしているということですから、申し込みを終えた当日に、時間を掛けることもなくキャッシングサービスを用いて、融資を受けることもできなくはないのです。
給料がもらえるまで、幾日か役に立つのがキャッシングだと言えます。必要な時だけ借りるのであれば、とても効率的な方法だと言っていいでしょう。
審査にかかる時間も少々ですし、話題の即日キャッシングにも応じている消費者金融系キャッシング会社は、これからもっと需要が高まるに違いないと考えます。
使い勝手の良い即日キャッシングを利用しようと思う人は、申込時の審査をクリアしなければいけないということです。審査をやっていく中で、一番重視されることになるのが、申込者の“信用情報”だと断定できます。
銀行でやっているカードローンは、総量規制対象外とされています。というわけで、多額の借り入れとなっても問題になることはありません。借りる際の最大金額に関しましても1000万円と設定しているところがほとんどで、満足のいく金額です。

お給料が出るまでの何日かだけ乗り切りたい人とか、少し経てば入金が予定されているとおっしゃる方は、1週間は利息がとられないサービスをチョイスした方が、低金利カードローンを利用するより有益だろうと思います。
用いる実質年率は、申込者の信頼度により異なるとのことです。それなりに大きいお金を借用したい場合は、低金利カードローンを確認した方が賢明だと思います。
ひとまずキャッシングの申込みと契約だけは終わらせておいて、リアルに困窮状態の時に用いるというみたいに、もしものために用意しておくという人が増えてきました。
今日に至るまでに支払を遅延してしまった経験があるという方は、審査に際し不利になることも否めません。分かりやすく言えば、「返済能力ゼロ」ということを意味し、厳然として判定が下されます。
銀行カードローンであるならば、どの商品も専業主婦にも貸し出すのかと言えば、そこは違うと断言します。「最低でも年収○○万円」といったいろいろな条件のクリアが必要な銀行カードローンというのも見受けられます。

これまでにどれだけ借り入れをして、いくら返してきたのかは、全ての金融会社が把握できるようになっています。悪影響が出る情報だという理由で適当なことを言うと、余計に審査のハードルが上がるようです。
保証も担保も両方なしで資金提供するということになるので、申し込み者本人の人間性で判断するよりほかありません。現段階での他社での借入金がそれほど多くなくてまじめで約束を守れる人が、審査をクリアしやすいと断定できます。
クレジットカードを持つだけで、年会費の支払い義務があるケースがありますから、キャッシングを目的としてクレジットカードを作ってもらうというのは、そんなに得策ではないと断言します。
以前は「キャッシングで現金を用意する」となれば、電話であるとか、無人契約機経由での申し込みというのが主流でした。けれど、ここにきてネットの普及で、キャッシングの手続き自体は一段と簡便になってきています。
最近のキャッシングは、オンラインで何もかも完了可能ですから、かなり効率も良いと言えます。差し出すように求められる書類などもありますが、画像にしてメールに添付して送信すれば終了です。