全国の借金相談窓口

熊本県にある借金を相談できる公共機関 

・熊本県消費生活センター
〒862-8570 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
096−383−0999
平日9~17時
毎月第1~4水曜日に、法律専門家による多重債務の無料法律相談会を実施しています。
【日時】毎月第1~4水曜日の13時~17時
【場所】熊本市水前寺6丁目18番1号 熊本県庁行政棟新館4階
予約制となっていますので、096−383−0999にお電話を。

・熊本県弁護士会 法律相談センター
熊本県熊本市中央区水道町1−23 加地ビル3階 熊本法律相談センター内
電話予約制 096-325-0009
予約受付/平日:9時~17時
相談時間/月~土:10時~12時、13時~16時

・熊本県青年司法書士会 クレサラ110番
〒862-0971 熊本市中央区大江4丁目4-34 熊本県司法書士会館内
096-364-0800 月・木 18時~20時
※平日10時00分~16時00分は司法書士の紹介のみ行います。

・NPO法人 熊本クレ・サラ被害をなくす会
096-351-7400
月~金:9時30分~17時
土:9時30分~12時

・財団法人日本クレジット・カウンセリング協会 福岡センター 熊本相談室
0570-090304
平日 10時~12時40分、14時~16時40分

法テラス

・法テラス熊本
〒860-0844 熊本市中央区水道町1-23加地ビル3F
050-3383-5522 平日 9時~17時

熊本市

・市民局 市民生活部 生活安全課 消費者センター
 (熊本市役所別館(駐輪場)5階)
096-353-2500
※月~金 午前9時から午後5時(祝・祭日・年末年始を除く)
相談内容を消費生活相談員が聞き取り、来所いただく日時をお伝えします。

・グリーンコープ生活協同組合 くまもと
〒860-0805 熊本市中央区桜町2-17 第2甲斐田ビル7階
096-243-2100 
平日、第3土曜日 9時30分~18時

消費生活センター

・八代市消費生活センター
〒866-8601 熊本県八代市松江城町1-25
0965-33-4162
月、火、水、金 9時~17時
木       9時~19時
第4日曜    10時~15時

・人吉市消費生活センター
〒868-8601 人吉市麓町16 
0966-22-2111(内線1215)
0966-22-8171
平日8時30分~12時、13時~17時

・荒尾市消費生活センター
〒864-8686 熊本県荒尾市宮内出目390番地
0968-63-1173
月、火、水、金 10時~12時、13時~16時

・水俣市消費生活センター
〒867-8555 熊本県水俣市陣内一丁目1番1号
0966-61-1333
平日 9時~12時、13時~16時

・玉名市消費生活センター
〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
0968-75-1422
平日 8時30分~12時、13時~17時

・天草市消費生活センター
〒863-0023 天草市中央新町15-7 天草宝島国際交流会館ポルト内
0969-32-6677
平日 9時~12時、13時~15時

・山鹿市消費生活センター
〒861-0592 山鹿市山鹿987-3 
0968-43-1413
平日 8時30分~17時15分

・菊池市消費生活センター
〒861-1392 熊本県菊池市隈府888
0968-36-9450
平日 10時~12時、13時~16時

・宇土市消費生活センター
〒869-0492 熊本県宇土市浦田町51
0964-22-1111(内線2323)
月、火、水、金 10時~12時、13時~15時

・上天草市消費生活センター
〒869-3602 上天草市大矢野町上1514 上天草市大矢野庁舎内 
0964-56-0783
平日 9時~12時、13時~16時

・宇城市消費生活センター 
〒869-0592 熊本県宇城市松橋町大野85番地
0964-33-8277
平日 10時~12時、13時~16時

・阿蘇市消費生活センター
〒869-2695熊本県阿蘇市一の宮町宮地504番地1
0967-22-3364
平日 9時~12時、13時~16時

・合志市消費生活センター
〒861-1195 熊本県合志市竹迫2140番地
096-248-1112
平日 10時~12時、13時~16時


事前にキャッシングの申込みと契約まで完了しておき、現実に緊急時に利用するというふうに、緊急時のために所有しておくという利用者も多いようです。
信販系や消費者金融のカードローンに関しては、総量規制の対象になるのですが、銀行カードローンサービスは、対象外となります。金額に関係なく、審査で問題がなければ、融資を受けられるそうです。
審査に求められる時間も少なくて済み、使える即日キャッシングも受け付ける消費者金融系キャッシング企業は、いたるところでより一層需要が増大するのではないかと予測されます。
住んでいるところは貸家住宅、一人者、収入も決して多くないという場合でも、年収の3分の1より少ない金額を希望するなら、審査をクリアする可能性もあると聞いています。
平凡な暮らしを送っている時に、予想もしていなかった事態がもたらされて、何はさておき一刻も早く必要最低限のキャッシュを用意しないといけなくなった際に役に立つ一つの策が、今注目の即日融資キャッシングなのです。

適用されることになる実質年率は、申込者の人物像により変わってきます。それなりのお金の借り入れをお願いしたい方は、低金利カードローンのご利用をおすすめします。
重宝する即日キャッシングを利用しようと思う人は、審査にパスしないといけないのです。審査を進める過程で、殊更優先されるのが申し込んだ人の“信用情報”だと断言します。
今のキャッシングは、ネットを介してあらゆることが完了できますから、非常に効率よく手続きが進められます。差し出すように求められる書類などもあるわけですが、スキャンして送付すればOKです。
クレジットカードの中には、年会費が必要となることだってありますから、キャッシングが目的でクレジットカードの所有者になるというのは、それほど推奨できる方法ではないと言えそうです。
少し前までは「キャッシングで現金を用意する」となれば、電話や無人契約機を通しての受け付けというのが主なやり方でした。それが近年ではネット環境が伸展したお蔭で、キャッシングの申込作業自体は一段と手軽なものになっています。

ほんの数日のうちに完済することが見込まれるのだけど、当面のお金がピンチという場合など、ほんの数日間だけの借り入れを希望するという人は、既定の無利息期間が設定されているカードローンに申し込んでみては如何かと思われます。
キャッシングを急ぐ場合は、「融資金額を多くて49万円台」とすることです。50万円以上のキャッシングの場合は、申込者本人の「収入証明書」が不可欠となるから、それだけ余分な時間がかかることになります。
銀行につきましては、銀行法の管轄範囲で経営されていますので、総量規制については適用されないのです。だから、仕事を持っていない奥様でも銀行が提供しているカードローンを利用することで、借り入れもできなくはないということです。
申し込みそのものはインターネット上で行なえますから、キャッシング業者に出かけなくてもいいですし、全ての工程が終わるまで誰一人とも会うことなく完結する事ができるんですよ。
言わずもがな、即日審査・即日融資を前面に打ち出している商品であるとしても、金利の数値が法律適用外の商品であるとか、単刀直入に言って悪質な金融機関だったら、借り受けることが可能だとしても、その先に危険がいっぱいです。