全国の借金相談窓口

石川県にある借金を相談できる公共機関

・金沢弁護士会
クレ・サラ・多重債務 無料法律相談
(石川県・金沢弁護士会)
小松市役所(小松市小馬出町)
金曜日 10時00分~12時00分
0761-24-8071 (小松市役所)

七尾市役所(七尾市袖ヶ江町)
第2・第4月曜日 13時30分~16時00分
0767-53-1112 (七尾市役所)

・石川県司法書士会
〒921-8013 石川県金沢市新神田四丁目10番18号
無料面接相談
石川県司法書士会館 (金沢市新神田)
水曜日 18時00分~20時00分
076-291-7070 (石川県司法書士会)
電話相談
月曜日~金曜日 10時00分~16時00分
076-292-8133 (相談専用)

・北陸財務局
多重債務者相談
北陸財務局 (金沢市新神田合同庁舎)
石川県金沢市新神田4丁目3番10号
月曜日~金曜日
9時00分~12時00分
13時00分~17時00分
076-292-7951(相談専用)

・金沢弁護士会 能登法律相談センター
相談日 毎週木曜日 13時45分~16時15分
(年末年始・祝祭日を除く)
相談前日午後5時までの電話予約制・先着5名(組)
場所:穴水町地域情報センター1階会議室(穴水町役場となり)
相談料:30分以内 5,000円
(ただし、クレサラ相談は初回のみ無料。
負担が困難な方で法律扶助資力基準に該当する方、無料)
お問い合わせ:金沢弁護士会事務局
電話:076-221-0242

・NPO法人金沢あすなろ会
石川県金沢市西念1丁目15-7 恵西苑1号室
NPO法人金沢あすなろ会
(金沢市西念)
月曜日 13時00分~21時00分
水曜日・日曜日 13時00分~18時00分
076-262-3454
076-262-3606

・石川県消費生活支援センター
石川県金沢市戸水2-30
076-267-6110
開館時間: 平日 9時から17時 土曜日 9時から12時30分
休館日: 日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで

・能登司法書士実務会議 消費者問題対策委員会
相談者の地元の司法書士を紹介します。
相談受付:消費者問題対策委員会事務局 オフィスK 長部(七尾市)
電話:0767-52-7866

法テラス

・法テラス石川
面談(民事法律扶助による無料法律相談)
法テラス石川(金沢市橋場町)
石川県金沢市丸の内7-36 金沢弁護士会館内
月曜日・木曜日 13時00分~16時00分
0503383-5477 (法テラス石川)

電話相談(情報提供)
平日 9時00分~21時00分
土曜日9時00分~17時00分
0570-078374 (相談専用)

金沢市

・近江町消費生活センター
金沢市青草町88番地(近江町いちば館3・4階)

多重債務 弁護士・司法書士による多重債務相談
【弁護士による相談】
毎月第1・第3月曜/10:00~12:00
【司法書士による相談】
毎週木曜/13:00~16:00

多重債務・生活なんでも相談
多重債務や生活再建に関する相談
毎月第2・第4水曜/13:00~17:00

珠洲市

・クレ・サラ・多重債務 無料法律相談(能登地区)
専門の弁護士が相談に応じます。
相談日:毎月第2 ・第4月曜日 13時30分~16時 (年末年始・祝祭日を除く)
場  所:七尾市役所消費生活センター
相談料:無料
相談方法:電話予約による面接相談 (1人30分間)
七尾市役所消費生活センター  電話 0767-53-1112 (県内のほかの相談窓口)

・無料法律相談
輪島ひまわり基金法律事務所の弁護士が相談に応じます。
相談日:毎月第3金曜日 13時30分~16時
場 所:健康増進センター
相談料:無料
相談方法:電話予約による面接相談(1人30分間)
珠洲市社会福祉協議会  電話 82-7751

輪島市

・奥能登広域圏事務組合 消費生活相談室
石川県輪島市三井町洲衛10部11番1

電話0768-26-2307
時間:月曜日~金曜日/9時~17時
場所:のと里山空港 奥能登総合事務所内

かほく市

・消費生活相談
石川県かほく市宇野気ニ81番地
相談日:月曜~金曜(祝祭日、年末年始を除く)
時間:8時30分~17時15分
対象者:かほく市民
場所:かほく市役所 1階 消費生活センター
Tel:076-283-7144 Fax:076-283-7145


銀行が扱っているカードローンというのは、総量規制の対象とされていません。ということで、融資をたくさん受けても不都合が生じることはないでしょう。借り入れる時の最大可能額についても500万〜1000万円と、当座資金としても大きい金額でしょう。
一週間もあれば全部返すことが見込まれるのだけど、現在お金が不足しているので、本当に短期間だけの借金を検討中という人は、制度上無利息期間があるカードローンを選定してみると便利だと思います。
即日融資の申込みをするに際しても、実際に店に出向くことは要しません。PCやスマートフォンから簡単に申込めて、必要とされる書類等も、携帯やスマートフォンを利用してメール添付などすれば問題なしです。
無利息で利用できる期間があるカードローンというのは、借り入れが始まってから既定の日数は通常支払うべき利息を計算しないカードローンのことを言います。無利息で利用できる期間に返済を済ますことができれば、金利が求められることはありません。
早急に借り入れが必要なら、「借りる額面を50万円未満」にしなければなりません。50万円以上のキャッシングだと、申込者本人の「収入証明書」が求められるので、面倒くさいです。

今日に至るまでに払いが遅くなった経験のある方は、それが審査で不利な要素になるということは多々あります。率直に言えば、「返済する能力なし」ということなので、厳然として審査されることになるはずです。
「今まで借りたことがないから気掛かりだ」という方もかなり多いようですが、まったく問題ありません。申し込みは容易、審査も短時間、加えて利用のしやすさなども間違いなく向上し続けているので、わずらわしさからも解放される形でご利用いただけます。
ご近所に消費者金融の営業所が存在しない、または休日ということで店舗が閉まっているという時は、無人契約機を通じて即日キャッシングをするというのはどうですか?
自明のことですが、即日審査・即日融資が可能な商品であろうとも、金利の数値が法律の範囲外の商品に限定されていたり、さらには悪徳な金融業者などであれば、もし契約することになっても、その先に危険がいっぱいです。
手のすいた時にキャッシングの申込みと契約までは完結させておいて、実際に現金が必要になった時に活かすというみたいに、どうしようもなくなった時用として作っておくという人もかなりいらっしゃいます。

ずっとお付き合いしてくれるがやはり歓迎されるのです。そんな理由から、過去に取引があり、その取引期間もそれなりに長く、更に更に何本もの借り入れをしていない人が、審査をされるときに高い評価を受けることを保証します。
比較的低金利のカードローンは、額の大きいお金の借り入れを希望する場合や、頻繁に借入を行う場合には、毎月毎月の返済額を圧倒的に少なくすることができるカードローンだと言っていいでしょう。
給料を手にするまでの一週間程度を何とかしたいという方とか、何日か先に入金が予定されているとおっしゃる方は、1週間は利息が求められないサービスを利用するようにした方が、金利が低いカードローンと比較しても有益だろうと思います。
キャッシングが必要な時に、一刻も早い方がいいなら、「全国に支店網を持つ消費者金融」に絞ることをお薦めします。銀行系のカードローンというのは、短時間で現金を入手することはできないと思われるからです。
午前中にカードローン審査に合格すると、お昼以降に希望した金額の振り込みが完了する流れが通例となっています。手持ち金がなくて心配でも、即日融資を申し込めば急場しのぎができます。