全国の借金相談窓口

茨城県にある借金を相談できる公共機関

・茨城県生活環境部生活文化課 生活グループ
茨城県水戸市笠原町978番6
TEL:029-301-2829
受付時間:平日8:30~12:00,13:00~17:15

・茨城県弁護士会 029-221-3501

・茨城県弁護士会弁護士相談 029-227-1133(予約制・有料)

・茨城司法書士会 029-225-0111

 

古河市

・古河市役所 産業文化部商工政策課
茨城県古河市下大野2248
0280-22-5111(古河庁舎・代表)

水戸市

・水戸市消費生活センター
多重債務の相談窓口:029-226-4194
茨城県水戸市五軒町1-2-12 みと文化交流プラザ3階

・ 法テラス茨城
0503383-5390
水戸市大町3-4-36 大町ビル3F
平日 9:00~17:00 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

ひたちなか市

・ひたちなか市消費生活センター
029-273-0111
ひたちなか市東石川2-10-1 ひたちなか市役所内
月~金 9:30~16:30(祝日、年末年始は除く)

土浦市

・無料法律相談
受付時間(予約制):平日8時30分から17時15分まで
相談日時:毎週火曜日 13時30分から16時30分まで(10分前にお越しください。)
(祝日とお盆・年末年始は行っておりません。)
相談場所:土浦市役所本庁3階 相談室
対象者(相談者):土浦市民
相談方法:面談(電話での相談は行っておりません。)
相談対応者:弁護士
相談の予約方法:電話(029-826-1111 内線2376)または来庁してください。


仕事先が一部上場企業とか公的な組織という方でしたら、高い信用度があると評価されます。この事はキャッシングの審査に限らず、いろんなところで言われているものと同じだと言えます。
返済に際しても、銀行カードローンは重宝すると言うことができます。その訳と言いますのは、カードローン返済の場面で、他の銀行などのATMだけでなくコンビニATMも使うことができるからなのです。
申込時に求められる書類はネットを通じてカンタンに送ることが出来ます。当日のカードローンが出来ない深夜は、次の朝いちばん最初に審査を受けられるよう、申込だけは入れておくようにしましょう。
業者さんにより異なるようですが、過去の事故情報があるレベルを超えている方に関しましては、絶対に審査に合格させないという定めもあるのです。言ってみれば、ブラックリストに記載のある要注意人物です。
楽にスマートフォンを介してキャッシングに申込むことができますので、本当に使い勝手がいいと言えます。一番のアピールポイントは、どこにいようとも申込が可能だということなのです。

銀行に関しては、銀行法に則って事業を進展させていますので、消費者金融が関係する貸金業法の総量規制というのは関係ありません。従いまして、働いていない奥様でも銀行が取扱うカードローンであれば、借金だって不可能ではないのです。
銀行カードローンであるのなら、どの商品も専業主婦にも借り入れさせるのかと言うと、そうはいきません。「最低でも150万円以上の年収」といった細部に亘った条件が盛り込まれている銀行カードローンというものもあるとのことです。
何をしてでも一刻も早く緊急の現金を用立てなければならなくなったなどという状況に見舞われたら、どう対処しますか?そのようなシーンで役に立つのが、即日キャッシングというシステムです。
無利息カードローンサービスは、ご利用が初めてという方に利息の心配をすることなく一度試す意味あいで貸し付けを受けて貰うサービスなのです。必要な額だけ無利息で借り入れて、「決まった期日に間に合うようにちゃんと返せるのか?」をテストするのにぴったりですね。
お近くに消費者金融の営業店舗がない、でなければ日曜日なのでお店自体が開いてないなら、無人契約機を操作して即日キャッシングを実施するというのもアリです。

「小額のキャッシングをして、給料日に返済を終える」というふうなサラリーマンがよくやるパターンを鑑みれば、「ノーローン」は、好きな時に無利息キャッシングを行なうことができるので非常に役に立ちます。
お住まいが賃貸、家族のない独身、年収も少な目といった人でも、年収の3分の1より少額の金額を申込むのであれば、審査でOKとなることも期待できると言うことが出来ます。
テレビのコマーシャルなどで馴染み深い、大部分の人がご存知の消費者金融系の会社は、ほぼ100パーセント即日キャッシングができるようになっています。
金利は何より大切な要素だと考えますので、これをきちんと確認すれば、当人にとって条件的に一番のおまとめローンを見つけ出すことができると考えます。
今月給料が出るまでの数日間のピンチを乗り切りたい方や、一週間もしたら現金が入ることになっているという場合は、例えば1週間は無利息などのサービスをセレクトした方が、低金利カードローンを利用して貸してもらうより有利なのは間違いありません。