全国の借金相談窓口

茨城県にある借金を相談できる公共機関

・茨城県生活環境部生活文化課 生活グループ
茨城県水戸市笠原町978番6
TEL:029-301-2829
受付時間:平日8:30~12:00,13:00~17:15

・茨城県弁護士会 029-221-3501

・茨城県弁護士会弁護士相談 029-227-1133(予約制・有料)

・茨城司法書士会 029-225-0111

 

古河市

・古河市役所 産業文化部商工政策課
茨城県古河市下大野2248
0280-22-5111(古河庁舎・代表)

水戸市

・水戸市消費生活センター
多重債務の相談窓口:029-226-4194
茨城県水戸市五軒町1-2-12 みと文化交流プラザ3階

・ 法テラス茨城
0503383-5390
水戸市大町3-4-36 大町ビル3F
平日 9:00~17:00 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

ひたちなか市

・ひたちなか市消費生活センター
029-273-0111
ひたちなか市東石川2-10-1 ひたちなか市役所内
月~金 9:30~16:30(祝日、年末年始は除く)

土浦市

・無料法律相談
受付時間(予約制):平日8時30分から17時15分まで
相談日時:毎週火曜日 13時30分から16時30分まで(10分前にお越しください。)
(祝日とお盆・年末年始は行っておりません。)
相談場所:土浦市役所本庁3階 相談室
対象者(相談者):土浦市民
相談方法:面談(電話での相談は行っておりません。)
相談対応者:弁護士
相談の予約方法:電話(029-826-1111 内線2376)または来庁してください。


金利は一番重要なファクターと言えますから、これをきちんと比べてみれば、利用者にとって魅力的な条件のおまとめローンに出会えるはずです。
大方のキャッシング事業者は、丸々一日受付けはしてくれますが、審査に取り掛かるのは各事業者の融資担当者がデスクについている間だということを頭にインプットしておかないといけないですね。
この頃は、銀行が資本を出している各県に支店のある消費者金融の他にも、多種多様な貸金業を生業とする会社が、キャッシングに関しまして無利息サービスを標榜するようになりました。
有名どころの金融機関の関係会社で審査が通らなかったのなら、いっそのこと地方で頑張っているキャッシング事業者に頼んだほうが、審査にパスする可能性は高いそうです。
ちょっと前までは「キャッシングする」と言ったら、電話や無人契約機を経由しての申し込み受付というのが主流でした。それが近年ではWEBの発達により、キャッシングの申込作業自体は想像以上に容易になってきました。

消費者金融のお店に足を踏み入れてキャッシングすることに抵抗感があるという方は、銀行のサービスでも即日融資に対応しているとの事ですから、銀行が一押ししているカードローンを使ってみてはいかがでしょう。
以前のデータとしていくらくらいの貸し付けを受けて、いくら位返してきたかということは、全ての金融会社が知れるようになっています。条件が悪くなる情報だという理由で出まかせを言うと、より一層審査が通りにくくなるのです。
キャッシングサービスを利用することを希望するなら、予め審査を受けることが必要になります。この審査は、実際に申し込みを入れてきた人に返済していく能力が備わっているか備わっていないかを判断することが主目的です。
どの金融会社も、即日融資を始めとして、30日間無利子のサービスや低い利息、他には申込に際し収入証明を求めないといった利点があります。一人一人にピッタリくる会社をセレクトするべきです。
ここ3ヶ月の間に、キャッシング業者が敢行したローン審査をパスできなかったという方は、申込時期を少し先にする、もしくは改めて態勢を整え直してから再トライした方が賢明だと言えます。

車購入時のローンは総量規制の対象に含まれません。よって、カードローンの審査では、車を買った代金は審査対象とはみなされませんので、問題ありません。
地方にある中小のキャッシングが主要業務内容のローン業者ですと、躊躇うのはいわば当然です。そのような時に役立つのが、その業者にまつわる利用した人の口コミや感想です。
消費者金融は即日キャッシングサービスを実施しているので、申し込んだ日のうちに、あっという間にキャッシングサービスを有効利用して、融資を受けることができます。
言うまでもなく、無利息で貸し付けてくれるのは、決まった日までにしっかり返済が出来ることが必須要件です。給料又は収入が入る期日を考えて、絶対に返すことができる額のみ貸してもらうようにしましょう。
即日融資を実行してもらう際は、言うまでもなく審査に要る各種書類を携行しないといけません。身分証明書は当たり前で、現在の収入金額が記録されている書類のコピーなどを出さなければなりません。