趣味の資金を調達するためにキャッシングを多用・・・

体験者:山田さん 40代男性 会社員

 

山田さん

自他ともに認める多趣味な私は、釣りやバイクのようなアウトドア系の趣味を楽しんだり、楽器や時計蒐集のようなインドア系の趣味に凝ってみたりと、昔からさまざまな趣味に手を出してきました。

 

今思えば、どの趣味も中途半端な感じで取り組んでいたのですが(苦笑)、夢中になって趣味の道具を買いそろえる行為は、私にとって止めることのできない楽しみとなっていたのも事実です。

 

そんな私が趣味を楽しむための資金調達に使っていたのが、消費者金融のキャッシングサービスです。

 

私はそもそも普通のサラリーマンより、多少、収入はよかったと思いますが、お金がかかる趣味を1つや2つ持ったらすぐに財布は破たんします(苦笑)

 

そんな中、限度額の範囲なら何度でも現金融資が受けられるキャッシングサービスを利用し始めてからは、私はまるで無限にお金の出てくる「打ち出の小槌」を手にしたかのように借金を重ねていったのです。

 

気が付けば200万の借金(汗)

趣味のために借金を繰り返した私は、気が付けば3社の消費者金融で多額の借金を作っていました。

 

結局、最終的に私の借金は合計200万円近くにもなっていたのです(死)
ホント返済方法をどうしたらいいか・・・途方に暮れました。

 

ちなみに、消費者金融のキャッシングサービスは貸金業法の総量規制を受けるため、年収の3分の1を超えるお金を借りることはできないのですが、600万円の年収を持つ私はその限度額付近まで到達していました。

 

さらに驚いたことに、私は毎月合計2万円以上!も利子を支払っており、月々の支払では元金がほとんど減らない状態になっていたのでした。。

 

このままではいつまでも借金から抜け出すことができなくなると思った私は、泣く泣く趣味で集めたものを売って、ある程度借金を返してから、銀行のおまとめローンを申込むことにしました。

 

銀行のおまとめローンなら、貸金業法の規制を受けずにお金を借りられますし、シミュレーションにより消費者金融より低金利で借り換えができると思ったので、余裕を持って借金を返していけるだろうと考えたのです。

 

結局、趣味で集めたホビーを売り払うことで、私はおまとめローンの利用前に借金を50万円減らすことができました。

 

残りの借金150万円を銀行で借りることができれば・・・かなり借金の支払がラクになるはず!

 

そう思った私は早速、普段自分が利用している銀行のカードローンをインターネットから申し込んだのです。

 

利子の支払いが1万円以上も減った!

銀行カードローンの申し込みを済ませた私は、果たして審査を通ることができるのだろうかと思いながら、ドキドキして待っていましたが、審査結果が伝えられるまで2日間かかりました。

 

そして申し込みから2日後、銀行から電話がかかってきて、融資が可能であると告げられたときは飛び上がるほど嬉しかったです(^^

 

そして私は銀行カードローンで融資を受けたお金で、消費者金融の借金を一括返済しました。

 

おかげで毎月の利子の支払いが1万円以上減り、月々の支払は一気にラクになりました。
さらに今まで月に3回あった返済日が1回になったので、管理がしやすくなったのも思わぬ効果でした。

 

銀行のカードローンを利用して借金を一本化できて本当に良かったです。

 

>>山田さんが借りたカードローンはこちら