借金の返済について

借金返済が遅れたら・・・怖い取り立てが待っている!?

借金を返済できなくなると、色々と問題が出てきます。

返済できなくなることで起こる弊害や、誰もが気になる借金の取り立てについて解説していますので、まずは借金を返せないとどうなるのか、ここでしっかりと確認しておきましょう。

まだ期日どおりに返済できている方も、遅滞がある場合にはどうなるのか、知っておいてください。

借金返済が遅滞するとどうなるのか

シャッキの返済が送れると督促や裁判所への出頭が命じられることも

借金の返済が滞るのは良くありませんし、仮に多重債務者になったとしても、最終的には自己破産をすれば良いと安易に捉えるのも良くありません。

スムーズに返済ができなくなると、利息分が加算されていきますが、借金をした人の都合とは無関係に、返済しない場合には借金が膨れ上がっていく仕組みです。

それだけでなく、貸した側も遅滞のある状態を見逃してはくれません。

契約を交わしたときには懇切丁寧な対応で甘く見ているかもしれませんが、優良な顧客でないと判断した途端、豹変するところは多いのです。

遅滞のある状態に陥ると、様々な形で督促がくるようになります。

この程度なら無視していればやり過ごせると思うかもしれませんが、返済しないでいると更なる手段に出てきます。

当然、督促は頻繁にくるようになりますし、法的手段に出てくることもあります。

悪徳業者で借入をしてしまった場合は、自宅や勤務先にまで押しかけてきますし、脅迫を受けるようなこともありますので十分注意してください。。

取り立ての違法行為に関しては、警察に守ってもらえば大丈夫だろうと思っている方もいらっしゃると思います。

しかし、悪質な取り立てが続いてくると、どうしても近隣や勤務先に知られてしまいます。

場合によっては家や会社に居づらくなり、引っ越しや辞職を余儀なくされる可能性がありますし、自分は平気でも家族が辛い思いをし、家庭崩壊に繋がることも。。

借金の返済が遅れるということは、それだけ多方面に影響を及ぼす可能性のある、大変恐ろしいことだということを十分肝に銘じておいてください。

キチンと知っておきたい!借金返済の取り立てについて

借金の返済が遅れても怖い取り立ては基本的にありません

借金返済が滞っているからといって、どのような取り立てをしても良いわけではありません。

取り立て時の禁止行為が、貸金業規正法によって定められているからです。

貸金業者などはいくら借金の返済をしてもらいたいからといって、脅迫をしたり、生活や仕事に支障をきたすようなことをするのは許されないのです。

また、

  1. 夜中や早朝の時間帯、具体的には午後21時~翌朝午前8時に、取り立て行為をするのは認められません
  2. 借金の返済をしないからといって、勤務先まで押しかけたり、連絡をすることも禁止行為
  3. どのような方法かを問わず、借金を返済しない人のことを他人に漏らしてはいけない
  4. 借金を利用をすることで借金の返済を求める行為も禁止
  5. 連帯保証人以外の、借金をしている人以外の家族や親類をはじめとする人に取り立て行為をしてはいけない
  6. 弁護士をはじめとする法律家、裁判所から債務整理の手続きを開始したという通知を受けたにも関わらず、取り立てを続けることはできない

以上、このような行為に関して貸金業者などが違反した場合、行政処分や刑事罰を受けることになります。

思った以上に、借金の返済に行き詰っても債務者は守られるという印象があるかもしれませんが、これを逆手に取ろうなどと考えてはいけません。

取り立てが恐くないことは、借金返済をしなくても良いこととイコールではありませんから、勘違いしないようにしましょう。

貸金業規正法の取り立て時の禁止行為は、返済をする意志のある人を守るという前提に成り立っている、と認識することが重要です。

>>全国にある借金相談窓口はコチラ