借金の返済について

借金返済に一番効果的なのは毎月の支払額を減らすことです

今ある借金の返済で悩んでいるのなら、とにかく毎月の返済額を1円でも減らせないか考えてください。

毎月の返済額を軽減できれば、それだけ精神的にも安定しますし、何より借金完済が夢物語ではなく現実的に考えられるようになります。

数字が減っていくことで、視覚的に借金がなくなっていくのを実感できるのは、非常に大きな効果をもたらすのです!

そんな、毎月の借金の返済額を減らす方法として人気なのが「借り換え」「おまとめローン」です。

ここでは、そんな二つの借金返済方法について解説しています。

借金の借り換えで毎月の返済額を減らす

借金の借り換えで利息を減らす

カードローンを組み、借金返済に明け暮れている人はたくさんいますが、借り換えによる見直しが可能なことをご存知でしょうか。

カードローンの借り換えというのは、現状借入しているローンより条件の良い(金利の低い)カードローンを組むことによって、毎月の返済額を減らす方法のことを指します。

借り換えに着手する前には、今借入しているカードローンの残高を確認する必要があります。

借入しているローン業者が1社なら計算も難しくないのですが、複数の業者から借入している場合、全体でいくら借りているかキチンと調べるのが重要です。

ちなみに、ローン残高が極端に少ない場合、例え金利の低いカードローンで借り換えをしようと思っても、借入金額が少ないので、結果的に、設定される金利が今借入している業者とさほど変わらない可能性が高いです。

ですので、ローン残高が少ない方にとって借り換えはあまりメリットはないかもしれません。

なお、現状のカードローンより新しいカードローンの金利が低いほどメリットが大きいのは当然ですが、差が1%に満たない場合も殆どメリットがありませんので、これより金利差の大きいカードローンを選びましょう。

また、カードローンの借り換えを狙う場合は、総量規制にも注意しなければいけません。

あまりにも借金の残高が多い場合は、まずある程度の額を返済してから借り換えを検討した方が融資してもらえる可能性が高いです。

おまとめローンによる借金返済で本気で完済を目指そう!

おまとめローンを利用すれば毎月の返済額を減らせます!

複数の業者から借金返済に追われている人は、借金の一本化、いわゆるおまとめローンの利用を検討してみてください。

今ある全ての借金をおまとめローンで返済し、以降はおまとめローンを利用した業者へ返済だけをしていく仕組みです。

複数の業者から借金を抱えている人でも利用可能な点が嬉しいおまとめローンですが、無条件ではありませんし、審査で承認を得る必要があります。

一般的には

  1. 年齢制限
  2. 勤続年数
  3. 居住年数
  4. 年収
  5. 保証人に関する条件

等がありますが、詳細は各社で異なるので確認しましょう。

ただ最近は『おまとめローン専用』の金融商品はあまり見かけなくなってきました。

今は前に解説した『借り換え』の方が利用者が多いのか、借り換え用途で融資を受ける方が多いようです。

ちなみに、おまとめローンと借り換えローンの違いは、借入後、返済のみで新たに借り入れができないのがおまとめローンで、借り換えの場合は、使い融資を受けることも可能なのが主な違いです。

昔は、おまとめローンといえば店頭窓口まで足を運ばなければいけない業者もありましたが、今はインターネットから申込可能なところが殆です。

年利は銀行の場合9.5~15%程度、返済期間は消費者金融の場合3~5年、銀行の場合、7年程度が平均的な商品スペックになっています。

年利に関しては、借り換え同様、低ければ低いほど良いのですが、借金を一本化して年利も低いとなると返済が随分ラクになりますから、調子に乗って、完済するまでに再び借金を作らないようにしてくださいw

意外と多いんですよね。。おまとめローンの返済中に新たに借金を作っちゃう人(^^;

返済期間に関しては、長いほど月々の返済額は安くなりますが、返済総額が高くなりますので、繰り上げ返済などを利用して、なるべく早期の完済を目指してください。

なお、場合によっては今の借金よりおまとめローンの方が金利が高い場合もありますので、申し込みをする前に比較検討し、本当におまとめローンの利用で毎月の返済を減らすことができるのか、よく考えてから審査を受けましょう。

また、おまとめローンはトータルの借金がかなり高額になっている人や、返済が滞りがちな人には向かず、そもそも審査通過が難しいと思うので、このような人は債務整理を検討するのが現実的といえます。

>>全国にある借金相談窓口はコチラ