全国の借金相談窓口

岐阜県にある借金を相談できる公共機関

県民生活相談センター
岐阜市薮田南5-14-53 ふれあい福寿会館(県民ふれあい会館)1棟5階
【相談内容】消費生活相談
電話:058-277-1003
【相談時間】月曜~金曜/8:30~17:00
(祝日・年末年始を除く)
土曜/9:00~17:00(消費生活電話相談のみ)

岐阜県弁護士会
岐阜市端詰町22番地
058-265-0020
実施日:月曜(13時~15時)/木曜(10時~12時)
時間:1回あたり30分程度
相談料:無料

岐阜県司法書士会
岐阜市金竜町5丁目10番地1(岐阜地方法務局東)
058-248-1715
月曜〜金曜 13:00〜16:00

法テラス

・法テラス岐阜
〒500-8812 岐阜市美江寺町1-27 第一住宅ビル2F
電話 0503383-5471
業務時間 平日9:00~17:00(土日・祝日及び年末年始を除く)
情報提供受付 平日9:00~12:00 13:00~16:00(土日・祝日及び年末年始を除く)

・法テラス可児法律事務所
050-3383-0005
〒509-0214 岐阜県可児市広見5-152サン・ノーブルビレッジ・ヒロミ101
平日 9:00~17:00 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

・法テラス中津川法律事務所
〒508-0037 中津川市えびす町7-30 イシックス駅前ビル1階
050-3383-0068
平日 9:00~17:00 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません。)

羽島市

消費生活相談
場所:市役所北庁舎1階 商工観光課内
時間:毎週月~金曜日(祝日、年末年始を除く) 9:00~16:00 
電話番号:058-392-1111/商工観光課 内線2613
消費者ホットライン 188

羽島市では多重債務相談を行っています。
司法書士による多重債務相談 毎月第3火曜日 13:00~16:00
弁護士による法律相談(予約制) 毎月第2水曜日・第4金曜日 13:00~15:00
消費生活相談員による消費生活相談 毎週月~金曜日 9:00~16:00
いずれも相談場所は、本庁舎1階入口東側 市民相談室(電話392-1111内線2532)

輪之内町

・消費生活相談窓口 輪之内町役場 住民課
188(いやや)(全国共通ナビダイヤル)
※輪之内町消費生活相談窓口、県消費生活相談窓口等へご案内します。
※ご自宅が光IPでんわをご利用の方は、輪之内町役場 050-5808-9600(通話無料)をご利用下さい。)
月曜から金曜日 9時から17時(祝祭日、年末年始の閉庁日を除く)

多治見市

・消費生活相談
(相談日時)
月~金曜日(祝日除く)/8時30分から17時15分
月・木曜日(祝日除く)/10時から正午・13時から16時は
※前日までに予約をお願いします。
場所:多治見市役所本庁舎
電話番号:0572-22-1134:くらし人権課
相談方法:来所(原則)

中津川市

・消費生活相談窓口
〒508-8501 岐阜県中津川市かやの木町2-1
0573-66-1111(内線167)
188(消費者ホットライン)
月曜~金曜(祝日・年末年始除く)/9:00~17:00

※消費者ホットライン「188」(いやや!)
最寄の消費生活相談窓口が分からない時、休日対応が必要な時、相談窓口におつなぎします。
(ナビダイヤルですので、ガイダンスの指示に従ってください。)


「比較的少額のキャッシングをして、給料日にすべて返す」というようなサラリーマンによくあるパターンを鑑みれば、「ノーローン」は、好きな時に無利息キャッシングが行なえるので手軽で便利だと思います。
ずっと借金をしてくれる方がやはり歓迎されるのです。従って、取引をしたことがあって、その期間も長く、尚且つ複数に及ぶ借金をしていない人が、審査をされるときに有利になることがわかっています。
キャッシングは手続きもカンタンで、保証人も必要ではないですし、尚且つ担保も必要ではありません。そんなふうだから、気負わずに申し込みを入れることができると言えるのです。
最近3ヶ月の間に、キャッシング業者によるローン審査で不合格になったという方は、申込時期を改める、あるいは改めていろいろと用意してからもう一度申し込んでみた方が良いとのことです。
キャッシングという便利なサービスを利用したいと思ったら、審査に合格することが必要です。この審査は、実際に申込者本人に返す能力があるのだろうかを確認するためのものとなります。

申し込みについてはネット上で行なえますから、キャッシング業者に出向く必要が無いですし、借りるお金が手元に来るまで、誰にも合うことなく終了させることができて安心です。
しっかりプランニングしてそれに従って過ごしていても、給料日間近になると思い掛けず出費の機会が多くなります。そのような急場しのぎに、手軽に現金を入手できるのがキャッシングですよね。
この頃はクレジットカードでも、キャッシングができるようになっているものが結構出ているから、手間をかけずにキャッシングの申込が完了すると思われます。
月々の返済も、銀行カードローンは余計な時間がとられないと言えます。と申しますのも、カードローンを返す時に、提携している銀行のATMの他コンビニATMからも返せるからなのです。
昔なら「キャッシングで借金する」と言ったら、電話とか無人契約機を経由しての申し込み受付がメインでした。現在はネットが浸透したことにより、キャッシング申込み作業自体はさらに簡便なものになっています。

生きていると、誰であろうとも予期せぬ瞬間に、突如としてキャッシュが入用になることがあると考えます。このような突発的な事態に対しては、即日融資が可能なキャッシングが役立ちます。
昼までにカードローンの審査が終了すれば、午後になれば依頼した額がお客様の口座に入る流れが普通の流れと言えます。持ち合わせがピンチな時も、即日融資があれば何とかなります!
銀行カードローンでしたら、すべて専業主婦が申し込めるかというと、それは違うんです。「年収でも最低150万円」などのそれぞれの条件が設定されている銀行カードローンも存在します。
申込書類はインターネットやメールで手間を掛けずに送り届けられます。その日のうちのカードローンが受け付けられない深夜の時間帯ということなら、翌朝最初に審査が受けられるように、申込を終えておいた方が賢明です。
注目の無利息によるキャッシングを受ける時に、業者によっては、最初にお金を借りた時のみ30日以内に返済すれば無利息という条件で「キャッシング可能!」というふうなサービスを推進しているところも見られます。