一本化のデメリットはあるんでしょうか?

このサイトを読んでいただければ、借金を一本化することのメリットはよくわかると思います。

 

では逆に、デメリットはないのでしょうか?

 

物事には必ず表と裏があります。それはおまとめローンでも一緒です。

 

メリットだけを紹介しているようなサイトがあれば、それは怪しいと思ってください。

 

もちろん借金を一本化することで出てくるデメリットもあります。

 

例えば、ローンの一本化というのは、今借りている業者すべての借金をまず返済して、新しくおまとめローンとして借り入れた業者に返済していくといった図式になっています。

 

つまり、新しく借り入れした業者には、既に他社に返済したお金をすべて借りているので、実際はかなり大きな額を借り入れしていることになります。

 

ですので、支払先はひとつになりましたが、完済までの期間が長くなるといったデメリットがまず挙げられます。

 

また、せっかくおまとめローンで借金を一つの業者に絞ったというのに、返済期間が長くて、また別の業者から借りれしてしまった。。そんな方も実は結構いらっしゃいます。

 

そうなると全く借金を一本化した意味がありません。

 

だからおまとめローンというのは、何が何でも借金を完済する!という強い気持ちがないと上手くいかないというのも、ある意味デメリットといえるでしょう。

 

その他にも、借金を一本化するということは、一時的にせよローンの利用額が増えるので「総量規制」の問題が挙げられます。

 

総量規制とは年収の3分の1以上のお金を借りるということは基本的にできないという法律です。

 

この法律は「貸金業法」で運営されているキャッシングサービスに適用されます。具体的には、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などがその対象となります。

 

そういったところでおまとめローンを利用しようと思ったら、総量規制に引っかかるというデメリットが発生するわけなんですね。

 

しかし、これはあくまでも「貸金業法」上で運営されているキャッシングサービスに限った話。

 

実は最近爆発的に増えている『銀行カードローン』には、この「総量規制」という法律は当てはまらないのです!

 

なぜなら銀行のカードローンは「銀行法」という法律の上で運営しているからなんですね。

 

だから、どうしても性質上、借入金額が大きくなるおまとめローンは、総量規制の対象外である銀行のカードローンの方が人気が高いというのもあります。

 

しかし現実はそう甘くなく、基本的に銀行カードローンの方が消費者金融より審査が厳し目と思っておいたほうがいいでしょう。

 

ただ、各キャッシングとも「独自の審査基準」を設けていますので、一概には言えないところがありますが。。

 

>銀行カードローン一覧はこちら

 

>スピード重視!消費者金融一覧はこちら