ピンチを救った体験談

引っ越しをキッカケに使い始めたクレジットカードでしたが・・・

体験者:植草さん 30代男性 公務員

植草さん

私は、とある事情で急に引っ越しをしなければならなかった時、余分な資金がなかったこともあって、比較的すぐに発行してもらえるクレジットカードを利用しました。

初めて利用するカードであるためか、どのカードも利用限度額が10万円や20万程度とかなり低いものばかりです。

引っ越しに関する様々な資金や新生活に向け、新しく購入した電化製品などで出費がかさみ、気がついた時には6枚ほどのカードを作ってしまっていました(涙)

それぞれ少額とはいえ、まとめると100万円程度にはなっていました。

1ヶ月に6回も返済日があると・・・

毎月、2日に1社、5日に1社、そして10日に2社、25日に2社と、返済するところが6社もあると、入金をしたつもりでも引き落とされていなかったり、もう返済は済んだはずと口座からお金をおろしたらまだだった・・・といった単純なミスが目立って起こり、このままでは金融事故が頻発している人物としてブラックリストに載ってしまいそうな勢いでした。

幸い公務員ということで、ある程度の収入は確保していますので、毎月の返済がどうしても払えない!なんてことはありません。

というか、公務員だったために、クレジットカード6枚も作れたんじゃないかと思ってしまうわけですけど(汗)

でもさすがに、これではまずいと思い始めて、今の状態を何とかするためにはどうしたら良いのかを考えに考えた結果、行き着いたのが「おまとめローン」でした。

おまとめローンのコンセプトというのは、いくつもの借入先を1社にまとめて返済日を毎月1回にしようというものですから、これはまさに私にピッタリのサービスです!

返済日が毎月1回だけなら、もう入金を忘れることも、うっかりすることもなくなるでしょう。

さすがに月6回も返済日があると、精神的に休まる日がありません。。

将来のためのことも考え始めた

お金を借りるのがクレジットカードだけならそうは心配しないのですが、将来マイホームを持ちたいと思ったり、自動車を購入しようと思った時、ブラックリストに載っていたのでは、さすがの公務員でもローンを組むこともできません(苦笑)

そのようなことにならないためには、まずは月に6回もある返済日を減らすことが何よりも重要だと思い、いろいろ調べた結果、その目的に一番かなっているのがおまとめローンだったのです。

消費者金融を利用するか銀行を利用するかで迷いましたが、とにかくこれ以上借金を増やさないこと、一回で審査に通る可能性が高い業者を選ぶことを重視した結果、消費者金融の方を選択しました。

幸いわたしの場合、総量規制にはまだ引っかからない範囲で借り入れをしていたので、消費者金融でもOKだったのです。

やはり銀行カードローンになると、それなりの審査基準が必要なると思いますし(とはいえ自分は合格するとは思っていましたが)、何より面倒な審査を早く終わらせたいという気持ちが強かったのです。

個人的には、今ある借金の総額が総量規制の範囲内なのであれば、無理して銀行カードローンから借り入れするより消費者金融から借入した方が審査も早く借り入れできる可能性も高いと思います。

そういった背景もあり、消費者金融の審査には無事合格。
すぐに借金を一本化し、完済への長い道のりがスタートしました。

借金の総額が100万円と、まとめるにはそれほど大きい金額ではないものの、6社から借りているということで、審査に通るか少し心配だったのも正直ありましたが、やはり年収と公務員ということが大きなポイントだったのか、審査に無事通ることができました。

そして、毎月頭を悩ませていた返済日も月に1度だけになったので、もう返済日を忘れることもありません!

こんなことなら、もっと早い段階で借金をまとめておいた方が良かったのかもしれません(^^;

>>植草さんが借りたカードローンはこちら