ピンチを救った体験談

ローンの一本化を本格的に検討しはじめた

体験者:橋本さん 20代男性 会社員

橋本さん

まったくお金が手元になくて困ったいざという時に、とても便利なのがカードローンですよね。

カードローンには消費者金融業者や銀行が提供しているものがありますが、どちらもいち個人が、どうにもならない時の金策としては大変魅力的です。

実際にわたしはとある消費者金融の無人契約機で、100万円ほど借りました。

最初は順調に返済していましたが・・・

お金を借りれば当然、返済が待っています。

審査が下りてから金融業者と電話でいろいろと相談して、コツコツと返済をはじめていきました。

具体的には、12回払い+利子といったかんじで、月々の返済額は細かく教えてもらって契約しているので、その通りに返済していったのですが・・・

最初の内は順調にコツコツと返済していたのですが、それももつかの間、また別件で大きなお金が必要になってしまったのです(汗)

その時は本当に手持ちがなく、お金を借りるしか方法がなかったので、泣く泣く再び借金をすることにしました。。

最初は今借りている消費者金融で増額をお願いしようと思いましたが、やっぱり新規に借りた方が利率が良いと思い、全く別の業者から50万円借りることにしました。

今思えばココから転落の始まりだったのかもしれません。

たしかに新規で借りれば利率自体は安いのですが、最初に借りたところに加え別の借金が増えたことで、月々の支払金額が思ったより増えて、大変な状態になってしまったのです(T_T)

別々に借りると借金がとんでもないことに・・・

さらにバカなわたしは、2つのカードローンからの借金に加えて、結婚してマイホームを購入したいという前々からの思いが出て、無謀にも住宅ローンを計画しはじめたのです。

しかし、2社に同時に支払っているという事実が金融業界には知れるようになっているらしく、現実にはなかなか首を縦に振って貸してくれるところはありません。

既に別々のカードローン業者に借金をしているのに加え、住宅ローンといえど多額の借金をするわけですから、お金を貸す方も貸し渋りをするのはある意味当然です。

当然のことではあるけれど、わたしとしては返さない気はないのですから、どうしても住宅ローンを借りたい一心で、無謀にもいろいろと貸してくれるところを探しました。

おまとめローンにすると問題が一気に解決に向かい始めた!

ある日、いつものように住宅ローンを貸してもらうために金融機関を回っていると、ある業者から、あちこちから借りる状態を解消し1社に絞って借りて返済するようにする、おまとめローンを勧められたのです。

この形式ならば、まず毎月個別の業者に支払う利息の負担が少なくなります。

さらに支払日も忘れがちになっていたわたしでも、毎月のうち1日だけが支払予定日であると覚えておけば、忘れることはありませんし、返済先も1か所なので便利です。

またマイホームやマイカーローンなどの大型のローンを合わせたとしても、計算して見積もってくれるので、どれぐらいの金額を借りられるかの目安をしっかり把握できます。

とにかく借金を1社にまとめたことで、わたしの人生プランも大きく変わることになったのです。

借りるのはいいけれど、返すには並々ならぬパワーが必要

お金を借りるということ自体はさほど難しいことではありませんが、実際に複数のカードローン会社からお金を借りていると、給料が入っても、毎月かなりの額が飛んでいって大変だったのをよく覚えています。

ですからまずお金を借りる時点で、あちこちからバラバラに借りるといった行為は自殺行為に等しいものであると覚えておいてください。

少額ならば、ひょっとしたらわたしのような状況とは違うこともあるでしょうが、高額となっては本当の意味で首が回らなくなります。

これは実体験からくるものなので自信を持って言えます。

だからもし今、あなたが複数の金融業者からローンをしているのなら、やっぱり1か所にまとめて本気で完済を目指していった方が、金銭的にはもちろん、精神的にも今よりかなりゆとりが持てるようになるのは間違いありません。

>>橋本さんが借りたカードローンはこちら